フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

2018年4月18日 (水)

Facebookページは誰でもみられますよ。事例紹介を更新しています。

しばらくブログ&Facebookへの更新が滞っていましたが、
小野建築設計室Facebookも更新をしました。

今までのお仕事をダイジェストのような感じで、紹介しています。
これからもちょっとずつ増やしていきたいと思います。
よろしければお立ち寄りくださいませ。

このブログとFacebookとをどのように使い分けたらいいのやら、
全く同じでもどうかと思いますし…悩ましいところです。
(Facebookのアカウントを持っていなくてもみられるページです。)

いずれにしましても、小野建築設計室という事務所が、
どのような仕事を?
どんな考え方で?

あるいは、小野という人物は、
どんなキャラクターで?

などのニュアンスが伝わるように、両輪の情報ツールでお伝えしていきたいと思っております。

2018年4月15日 (日)

4月…桜も散り、工事も続々完了…リフォーム減税関係書類も済ませてホッ。

昨年より年を越して重複して動いていた住宅リノベ現場たちが、

1つまた1つと…、

少し遅れ気味ではありましたが…、

無事に完了お引渡しが済み…、

安堵の一息をついて、このブログを久しぶりに開いて、週末のんびりと更新しています^^;。

リフォーム・リノベーションは、費用的なことなどもあって、

毎度ではありますが、しっくい塗をしたり、無垢板箇所へ自然系オイル塗をしたり…、

年が明けてからは、タイミングよく作業が済ませられるように、
工事段取り&現場作業にエネルギーを使い…、
体力的にも働きました^^;。
完了時のきれいな写真があまり撮れて無くて…、
工事終盤スケジュールがタイトになると、どうしてもお引越し日との関係で、
即お荷物が入ってくるので…。
なので、暮らしが始まって、整理が少しついてきたころに、
点検がてら、竣工写真を記録させて頂こうかなと思っているところです。
固定資産税減税や所得税減税のための書類や
増改築等工事証明書などの準備&説明も済ませました。
所得税減税は、4月に入って工事完了の場合、来年3月の確定申告時に申請になるので、
またその頃お伺いしてっと…。
バリアフリーのための手すり設置等は、お引越し後にケアマネさんとの立会いで、
確定してから必要な箇所に設置する作戦を取る事にしたりしたので、
まだ少し行ったり来たりしなきゃ~。
ん!?
いやはや、フっと気が付くと、あれれ…、
ちょっと時間があるな…、
これは個人事務所としては、とても困る…^^;
昨年までは、
専門学校で住宅設計・デザインの授業の非常勤講師をしていましたが、
昨年度で終了したので…、
それがあると準備が春先大変だったのですが、今、それもしなくていいんだな~…。
不安がよぎりますが…、なんといってももうすぐ
【事務所を立ち上げて20年。】(1998年5月新規事務所登録)
この機会に、あふれかえった事務所内を少し整理しつつ、
本ホームページブログやFacebookページの更新やらをしたりして、
この先の事を落ち着いて考えたいと思います。
by S.Ono

2018年2月20日 (火)

たまには、映画の話し…。

先日、映画「否定と肯定」を観ました。

予想に反して結構混み合っていました。

年齢層が高かったですね…。

24909985_2251364114889915_636346672

ホロコーストは無かったとする歴史学者が

「ホロコーストの真実」の著者を名誉棄損で訴えた実際にあった裁判の話し…。

都合のいい真実というのは、いかようにもつくりだせてしまう…、

それを思想信念としている人にとっては、嘘をついているつもりはなく発言し行動し、

人々を煽り世相をつくりだせてしまう…。

今、日本でも、南京大虐殺は無かったとか、従軍慰安婦に対するこれまでの見識を修正しようとする人たちが、権力の中枢にいたりするようで、なかなか恐ろしい感じがします。

韓国で冬季オリンピックが開催されていますが、

人と人とは、国境に関係無く繋がることができる事を思います。

それにどこかブレーキをかけているのは「国家」という存在。

「国家」は、人と人の関係にわけ入るべきではないと思うし、むしろ、

ブレーキを外し、人の差別無き関係性に近づけるように、働きかける役割であるべきと思う。
経済的に潤っているから、優位とかいう事は、人と人の関係性には本来無い…。
愛国などというのは、「国家」から押し付けられているように感じられるときが、
最も危険なんだと認識しておくべきだと感じました。
「国家」が人に与える影響が大きいだけに、注視していなくてはならないと感じました。
「フェイクとどう闘うか 歴史学者 デボラ・E・リップシュタットさん」
話しが飛んでしまいまして失礼しました^^;。
by S.Ono

«着色という選択