フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

10年の月日

10年前に欠陥住宅の相談にのっていた方から、お久しぶりに連絡がありました。

改修について検討されているとのご相談のお電話でした。

某鉄骨系のハウスメーカーの住宅で、10年前当時築10年(ですのでもう20年ですね)タイル壁仕様のユニットバスの亀裂・歪みが建築当初からあり、メーカーとの交渉が難航していたのですが、その後いろいろと資料集めをし、より具体的な改善方法を求めていきました。Dscf2934a

結果、ユニットバスの取替えにこぎつけたのですが、その排水管に他の排水が複数合流していることなどから、排水の逆流、通気の問題が表れ、、、と、ハウスメーカー、ユニットバス設備メーカー、国民生活センターと協議しながら解決していったのです。

そうした関わりから10年の月日…はてさて、改修といってもメーカー住宅なので、どんなことが可能か、その後の対応のことなども含めて、どのようにすすめるのがよいのか、、、きちっと整理しないといけません。

簡単なようで結構大変なハードルがあると思います。

でも、10年前のポイント調査交渉業務から、こうして連絡を下さるということがなにより嬉しく思います。

大雑把でいいですからっ、と言われていましたが、いえいえ、そうはいきません。(笑)

2009年2月26日 (木)

ラジカセのこれから

私たちの時代は、音楽といえば、レコードかカセット。学生時代バンド活動などに明け暮れていた私は、FMラジオからテープに録音したり、貸しレコード屋へいってテープ録音したりと、カセットテープが多く、今でもテープをよく聞きます。Dscf2913a

しかし、ラジカセが相次いで故障に見舞われました。。。

昨年暮れには事務所のCDラジカセのカセット部分のみがダメになり、自宅のCDミニコンポのダブルカセットもダブルで先日ダメになってしまいました。。。

事務所用(だいたいはFMラジオを流していますが)に1つ安いCDラジカセを買いましたが、自宅用をどうしようか思案中です。

先日ラジカセを探したときも、今時は案外カセットが付いているタイプは品揃えが激減していることを痛感しました。デザイン的にも、なんだか丸みがついたものが多く、すごく安っぽいイメージなんです。。。

私としては、自宅用も、やはりカセットが聞けなくては…と思っていますが、気に入ったものが今のところ探し出せていません。CDは必修としても今後を考えたとき、パソコンとの連係などもありうるのか、、、まだ考え始めなので整理がついていませんが、音楽環境は少しはこだわりたいかなと思ったりしています。極力低予算で。。。

なんてのんびりしていると、カセットの再生録音機そのものが売られなくなってしまいそうな…。

2009年2月25日 (水)

一年点検

昨年2月竣工引渡しをした二世帯のおうちの一年点検に、施工者とともにおじゃましてきました。

写真は別の日のものです。(今日は雨模様でした。)

マツの丸柱はいい色に赤くなっており、パインの床材も日差しのあるところとないところで色合いに違いが出ていました。

無垢部分への傷もちらほら、、、復旧策などを伝えてきました。

娘さんご夫婦には家族も増えて、子育て真っ最中の様子。01

これからの住みこなしに対応できるか…が課題かな。。。

親世帯は、お孫さんとの生活を楽しみながら、思いおもいの時間を過ごされている様子。

一部クロスの突きつけ部分にすきが出ている箇所があったり、シナの建具の反りが出ている箇所などがありましたが、概ね良好、問題はないようでした。2階のトイレの手洗いをもう少し大きいのにすればよかったかな…などの話もありましたが。。。

いきいきとした暮らし方に触れることは、なにより喜びです。

2009年2月23日 (月)

住宅瑕疵担保履行法

090223_1557001 国土交通省主催の住宅瑕疵担保履行法説明会があり、いって来ました。

今年の10月1日以降引渡しとなる住宅については、施工業者(あるいは宅建業者)は、保険か供託に入ることが義務になります。

これは、耐震偽装問題の時、住み手が再建する際、二重ローンなどに苦しんだ事などを踏まえ、住宅を提供する側の資金力確保を保険という形で補おうというものです。

ただし、1500万未満の工事などで、建設業登録をしていない業者(一人大工さんなど)は対象外となります。この場合は、消費者の自己責任という形になります。実質そのような工事は救えないということで排他される方向ですね。

この保険を扱えるのは現在のところ5社のみ。

それぞれに設計施工基準が設けられています。また、紛争処理体制として、「指定住宅紛争処理機関(紛争審査会)」に、あっせん、調停、仲裁などを、申請手数料1万円で受けることができるようです。

消費者保護がすすんだ形といえそうです。

と同時に、5社仕様という設計のマニュアル化の流れも強く感じました。

(それをにらんでのCAD販売も加速しそうですし…。)

例えば、伝統的手法などでつくられる住まいは、対象になるのか?など、、、。クレームいらずの住まいづくりを推進させるがあまり、技術者要らずの住まいづくりが低コスト化とセットで今まで以上に押し寄せてきそうな勢いを感じます。

日本の木造住宅…、大工さんの技術力…、大丈夫なのだろうか?

設計事務所もこれからどんな働き方になっていくのだろう?

一億総ハウスメーカー化しやしないだろうか…、ちょっと心配になりました。

「木」大好き人間としては。。。

2009年2月21日 (土)

是正工事

是正工事の現場であれこれとチェック、指摘などをおこなって来ました。

昨年夏、会員になっている欠陥住宅関東ネットからの相談案件で、担当している仕事です。

木造3階建ての注文住宅で、調査の結果、耐力壁の施工状況に問題のある箇所が多く存在していることがわかり、交渉ののち、施工者(設計者でもある)が是正工事に応じ、暮れから取りかかっているものです。Dscf2892a

構造的な補強はなんとか終え、今は外壁サイディング材の復旧工事をしています。

通気工法でありながら軒から棟への通気空間が軒天井材が先行していて確保されていないと判断、軒天井を外して確認し、細部の品質確保を指示し、是正していただきました。

サイディングの張り方の細かなテクニカルディテールについても、サイディング業者や施工者も案外自流で勝手に判断されていることなども多く、そのあたりもサイディング協会ディテールの原則やその考え方のもととなる知恵などについて一つ一つ、自らも学びつつ紐解きつつ是正を行っています。

信頼を回復するための工事ですので、そうした慎重を期す心構えで施工に当たっていただくよう、繰り返し口すっぱく言っています。

と同時に私自身にも言い聞かせています。

2009年2月20日 (金)

現場調査まとめ等事務所作業の日

今日は、事務所で、現場調査の整理まとめをし、計画を練ったり、、、あれこれと一日じっとしていました。(笑)

先の建築士法改正のうちのささやかなものとして、事務所開設者は、省令で定める標識を掲げなければなりませんが、その省令が若干変わりました。Img_0685

事務所登録期間を表示しなさいというものです。

11年前、初めて事務所登録をしたときにつくった標識を変えなくてはならず、写真のようにパソコンでオリジナルをつくって、事務所内に掲示してあります。。。

一日いるとひょんな電話もあります。

子どもつながりのママから、こんな建売物件を見に行ったんだけど、どう思う?その売主業者の情報ってなにか知ってる?

といった話。まあいろいろとどんな様子か聞いた上で、建売の仕組みやら、構造に対しての話やら、銀行審査の厳しさやら、どのくらいのローンを考えているのかやら、、、いろいろと伝えてはみました。実は身内からは反対されている、、、などもありそうで、本当に判断が難しい時期でもありますね。

住まいは、基本的に「買う」ものではなく「つくる」ものと考えていますが、出会いというのもありますし、買ったものを身の丈に合った形に変えていける独創力を維持していけるならば、、、それも応援していかないといけないと思っています。

今は、慌てて決めなくてもじっくり検討できる時期ともいえるのかもしれません。

2009年2月19日 (木)

生活支援のあり方

昨日は、飲食店テナントを改修して、NPOが生活困窮者の住まい支援を行う現場を確認してきました。

仕上は、基本的に無しです。石膏ボードや針葉樹(構造用)合板そのまま仕上です。Dscf2862a

なにより大切なのは、安心して過ごせる場所で、暮らしのリズムを取り戻しながら、就労探しをしたり、健康回復をしたりができること。生きること、そしてそれを支える人のつながりです。

おかえり。までもうすぐです。

それから今日は、計画中の既存建物の再現場調査をしてきました。

これも、社会福祉法人さんが、古い家屋を活用して、高齢者のデイサービスと障害をもつ子どもたちの居場所づくりのための計画です。Dscf1249a

現場に残っている大きな備品類を撤去していただくのに、地域でアルコール依存等の方々の改善プログラム活動をされている方たちの協力を仰ぐことになり、一緒に現地をみました。

そしたら、なんと子どもを通しての知り合いママでした。(笑)

普段、仕事の話をしあうことがなかったので、驚きとともに、頑張っているんだなと、少し見直したりしちゃいました。

さまざまな状況を抱えた「人」を本当の意味で支援できるのは、名ばかりの「生活給付金」などではなく、心をともなった人たちのつながり、顔の見える継続的な関わりこそなのだと思います。

そうした想いに建築が応えていけるように、精進したいものです。

2009年2月18日 (水)

大安

昨日は、地鎮祭がありました。

大安ということで、地域の神主さんは、この不景気の中とはいってもあちらこちらで予定があってお忙しそうな様子でした。

昨年からの建設資材の高騰、そして建築確認申請の抜本改正等、ここまでくるのに今まで経験したことのないくらい、厳しいハードルがありました。。。

現場は、ちょっと大きな規模になります。かつ敷地、周辺に高低差があります。

その高低差を活かして、地階(半地下)を設けた5階建てRC(鉄筋コンクリート)造の計画です。

地域に長く生き続けられる、愛される建物になっていけるよう、頑張りたいと思います。

身の引き締まる想いです。Dscf2843

写真は、角地に残されたハナミズキの木と坂道を紹介した案内表示板。

街並みの中の原風景の一端を残して計画していきます。

2009年2月16日 (月)

セミナーのご案内

Photo_4   お知らせです。来月3月15日(日)の午後、一般の方むけのセミナーで、お話をさせていただく場をいただきました。

すまいづくりについてご興味ご関心のある方のご参加をお待ちしております。

また近くなりましたら、しつこく(笑)再度お知らせさせていただこうかと思っています。

よろしくお願い致します。

2009年2月14日 (土)

みかん狩り

昨日の春一番Dscf2825_5のおかげで、

事務所入口前のみかんの木から実がぼとぼとと落っこちてきて、ちょっと危険だったこともあり、朝、子どもと一緒にみかん狩りをしました。

毎年、正月休み中にやっていたのですが、今年は1ヶ月半おいていたこともあってか、色合いがとてもきれいです。

収穫の多い年は160個から200個、取れるのですが、ご近所に迷惑がかかってはいけないと、昨年相当枝の剪定をしたこともあってか、今年は70個弱。。。

お味の方は…やっぱりすっぱい。。。

それでも、道路脇にご自由にお取りください。とおいておいたら3時間もしないうちに空になっていました。(笑)

初夏のような温かい日差しと空気で、Tシャツでも汗ばむほどでした。

たった1,2時間の運動でしたが、ちょっと肩から背筋のあたりが痛くなってしまいました。。。

午後からは、マンションリフォームのお仕事(になるかはこれからの提案次第…)の打合せ準備をしたりで、ご要望されている自然材料による仕上げ工事をセルフ工事対応した場合の作業イメージついて、知識を詰め込んでみたりしました。 

コスト減かつ、楽しくやれるといいのですが、どうなることやらです。 

2009年2月13日 (金)

もう春一番ですか。

Dscf2824 今日は風が強かったですね。

現場の足場に上がってきましたが、ちょっとぐらついて怖いくらいでした。。。

近所の公園では、梅が一気に開花していました。ついこの間、正月だったような気がしていたのに、もう春でしょうか?

年度内にすすめなくてはいけない改修工事のための段取りのための打合せをしてきましたが、本当に、業務が煩雑になってきて、なかなかスケジュールどおりにいきにくなったなと感じます。

なんとかレールにのせられるよう、これからは、花粉にも注意しながら、頑張りたいと思います。

2009年2月12日 (木)

建築士法改正のひとつ

Dscf2798 耐震偽装問題に端を発した、建築基準法の改正と合わせて建築士法の改正も大幅に行われています。

今日はその一つでもある、文書の作成作業をしました。これからは、確定申告や青色申告と同じように、毎年、県の担当課へ、1年間の仕事内容の報告をまとめて提出することになりました。

今までは、事務所登録の更新の際(5年置き)にこうした報告を提出することになっていましたが、これからは毎年です。

これがどんな役割、仕組みの向上につながるのかは…な点もありますが、5年間は県庁で閲覧できるのだそうですから、一般の方にとっては、県内の建築士がどんな仕事をしているのかを知る引出しが1つ増えることになります。

でも形式的な情報しかないので、あまり参考になるほどではないかもしれませんね。

資格者かどうかくらいの確認はできそうですが…。

士法改正のもろもろは、実はまだまだいろいろありまして。。。

今日は、その一端の紹介ということで…。

2009年2月11日 (水)

とるものもとりあえず、はじめてみることにします!

パソコン不得手ではありますが、時流にのりブログなるものにチャレンジしてみることにいたしました。

日々の仕事を通してのさまざまな想い、悩み、疑問、

そして楽しみ、喜び…など、を綴ってみる事にいたします。

ブログを通して、

さまざまな方々と、少しでも分かり合えたり、共感し合えたり、、、

コミュニケーションの一役になったら幸いに想います。

ブログ初心者をどうぞ、よろしくお願い致します。

トップページ | 2009年3月 »