フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 消防法の改正の話 | トップページ | 再度、セミナーのご案内を »

2009年3月 8日 (日)

無垢床のメンテ

我が家の床は、杉の無垢板です。コストを抑えるために、まだ地方の製材所で切り出していた、「足場板」用に切り出された幅240厚40の間伐材に実加工をしてもらったものです。

厚みがあるので、根太が省略できます。2階もこれ1枚で1階の天井と兼ねています。

つまり仕上工事のない無垢な状態なままなのです。

仕上用に製材されたものではないので、そこそこ暴れていますけれど。(笑)

杉は柔らかく、傷がつきやすいので、床にはどうかという方もいますが、キャンプ場のキャビンや子どもの体験宿泊施設などに使われているのをみて、傷がついても厚みがもつ質感、、、これがいいと思って採用してみました。Dscf2946 (安かったというのが一番ですが)

7年とちょっとたちますが、この間3人の子どもたちが、容赦なく傷つけてきました。

そのひどい箇所について、ちょっと復旧メンテを試みました。

当初ナチュレオイル塗りをしたっきり。でも素足生活をしていると、人油というか艶が出てきます。

まずはその表面の膜ができている部分をペーパーで削り、濡れた雑巾を当ててアイロンをかけます。

へこんでいる箇所は、完全とはいえませんが、まずまずふっくら戻ってきます。

(手はうちの子の手です。)無垢の良いところでもあります。

子どもと一緒に作業することで、この床の温かみ、柔らかさが記憶・体験として刷り込まれていけばいいなと思っています。

« 消防法の改正の話 | トップページ | 再度、セミナーのご案内を »

 日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

その無垢材の補修方法は杉以外でも可能ですか?
もしよければご教授願います

針葉樹系でしたら、いけると思います。
タモ、ナラなどの広葉樹系でもいけるかどうかは試していないので分かりませんけれど、針葉樹ほどではないにしても多少の効果はあると思います。
繊維質にスチームで湿気を与えてあげると、単純なへこみならかなり復旧します。でも引きずったような傷の場合は残ってしまいますね。
表面にウレタンなどの硬い塗膜をつくった塗装をしてしまうと、それを削り落としてでないとダメですね。
参考までに。

はじめまして、よろしくお願いします。
私の家もリビングの腰壁を無垢の木でやりましたが、
子ども達は容赦しません。椅子の角でゴリゴリ、ハンドクリームでベタベタ、筆記用具でグルグル、でひどいものです。
子供の成長の証と思いあきらめました。

あつしさん。ようこそです!

本当にそうですね。
我が家も、伸びもしないぬいぐるみの背比べの跡が、柱の下の方に集中して鉛筆で刻まれています。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消防法の改正の話 | トップページ | 再度、セミナーのご案内を »