フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

小学校の改築

子どもの通う小学校の改築が予定されています。

昨年度が基本計画年度、今年度が実施設計年度、来年度が工事着手、今年の秋から校庭内に仮設教室の建設が始められるとの流れです。

現在、体育館、プール、2階建て校舎、3階建て校舎、平屋の教職員棟という構成なっています。一保護者として知りえる今段階の情報では、3階建て校舎のみを建替えて、他は耐震補強等修繕工事で対応するということです。

昨日、一昨年建替えが行われた近隣小学校を見学させていただいて、意見交換を行うという機会が設定され、参加してきました。

とはいっても、この時期に意見をあれこれ出しても、すでに基本設計は完了しており、実施も詰めの段階にきているものと思われるので、どこまで反映させてもらえるのかは半信半疑なところ…。

(もっと早い時期から単発ではなく定期的に意見交換会などやったほうが、それこそともに学びながら関心が高まっていけるように思うのですが。)

見学に参加されている保護者や先生方も、きれいでうらやまし~の連発の様子…。まあそうなることは必至なわけで、全体として、早くこんな感じなったらいい的な空気で終了。

そもそも、学校という場で子どもたちに何を学んでほしいか、生活・教育の考え方一つで建築のつくりかたも大きく変わってくるはずです。

新しい校舎は、シート系(木柄)の床、壁は、コンクリートにEP塗り、間仕切りはスチールパーティション(これも木柄)、備品類はメラミン系家具、エアコン完備、、、。確かにきれいだしメンテナンスもしやすいのかもしれない、、、けれど。。。

今の古い校舎は、木の床、収納備品はラワンの無垢、図工室の机もタモの無垢。

例えばはさみなど落としたら傷が付く、引き戸も勢い良く閉めたら大きな音がする、そうした当たり前の生活感、床のワックス掛け掃除など、磨けば光るという経験、、、そうしたこと一つ一つが今最も欠けている学びなのではないかと思えます。

住まいも、建売やマンションの多くは、傷のつきにくいメンテナンスいらずの素材で仕上られていて、日々の暮らしの中から学ぶ素材の特性、していいこと悪いことの判断といったことが育ちにくくなっているように感じますが、学校まで、そうした流れで建替えられていくことが果たしてどうなのか。。。

住まいが住み手の人生観、生き方の反映とするなら、学校は、教育理念、学びの場としての考え方が反映されなくてはならないと思うのです。

行政、教育委員会は、子どもの育ちに対する理念をしっかり持ち、学校建築においても責任を持ったつくりかたをして欲しいと思います。

今や現場の先生方も、管理社会の縮図となり、休み時間に子どもたちと接する時間もないほどに追われているのも事実。またこの状況が当たり前に続けば、これが当たり前のサラリーマン形教員ほど評価されていくおかしな方向に歩み始めているようにも思えます。

つまり、子どもの気持ちが優先されなければならない学校生活の場に大人の都合が大きく影響している、、、学校建築もそれが反映されてしまっているとさえ思えてしまうのです。

意見があったら、配られたアンケート用紙に書いて後日提出してくださいとのことですが、さて何を書こうかと、悩んでしまいます。

2009年6月25日 (木)

忘れた頃の音楽ルーツネタ・高校編

高校時代は、サッカー部でバリバリ体育会系でしたので、、、。といいながらも、高校2年の時に腰を長期に痛めて、そのときにクラス数人で、文化祭参加のために即席のコピーバンドをつくりました。バンドらしいのはこれが最初。

数回スタジオを借りて合わせただけでめちゃめちゃな演奏だったと思います。一応文化祭本選に出るための予選演奏会があって、あっけなくそこで予選落ちしました。(笑)厳しい運動部だったので、こっそり楽器を持ってきたり、どこか後ろめたい気持ちだったと思います。

演奏したのは、たしか、エイジアのheat of the momentとUFOのonly you can rock meだったと思います。ギター&ヴォーカルです。今となっては笑い話です。

そのころ、通販(雑誌の合間にあるあやしいやつ)でランディローズモデルのレスポール、ホワイトカスタムの無メーカーのギターを購入しました。がこれが大失敗。。。

ボディの中身がスカスカで大音量だと、ものすごく軽い音質になってしまう。。。

格好はいいんですけどね。

この即席バンドがきっかけとなって、部活内やクラス内でロック系の音楽好き仲間が増えまして、高3の時は、たまーにスタジオ(横浜西口にあったミッキーという小さなホール…、今は無いようです。)で大音量を出したりして、その後の大学時代のバンドの骨格ができたと思います。

やはりコピーですね。ジャーニー、TOTO、UFO、MSG(マイケルシェンカーグループ)なんかをやっていました。あまりに声域が高音なので、ボーカルを他に譲っていくことになりました。。。(笑)

部活も引退し卒業の頃、どっかでお披露目したいということで、初めて一般のライブハウス演奏を経験しました。藤沢にあったBOW(バウ)というところ。(今どうなっているのかは不明)

と、今日は疲れたので、気分転換はこのへんにさせていただきます。

まだまだ続けてみようかなと思っていますよ。

2009年6月14日 (日)

Q&Aサイトで思うこと

インターネット上で、調べ物をすると、よくQ&Aコミュニティサイトでの質問と回答がヒットします。

実は、私も、匿名でOK WAVEというサイトで、仕事の合間や、気分転換かつ学習機会になればと登録して、答えたりしています。

こうしたサイトに触れて思うこととして、

住まいを求める多くの方々は、「どのハウスメーカーの」「○○というシリーズと○○シリーズではどっちがいいですか?」的なとらえ方が普通になっているんだな~って感じます。

まあ新聞折込や不動産屋さんへいっても、「建築条件付」か、仮にそれがない場合でも必ずと言っていいほど「お好きなハウスメーカーさんで建てられます」などと書かれています。

こんな住まい方がしたい、という前に、メーカー選びの住まいづくりが当たり前になっているってことを実感してしまいます。。。住まいづくりとは言えないような気もしてしまうのですが。

専門家としては、こうした質門には答えようもありませんし、回答をみても、専門的なアドバイスをしている人は皆無です。

そして、むしろ、住まいづくりで問題が起きて、どう判断すべきか?という質問には、専門家の方(確証の術はありませんが)や経験者という方が、時には非常に丁寧に、時には、こんなアドバイスあり?のような回答が寄せられています。

そうした回答に、質問者さんから役立ったという質問には「良回答20pt」「良回答10pt」といった「ありがとうポイント」が付けられます。

しかし、たまに、えっ、こんないい加減な回答に?良回答?といったものもあったりします。すぐ下にすごく丁寧に解説付きで(たぶん関連文献などもチェックして回答されているなと思える)回答されているのに…なんてこともあったりします。

プランについてどっちがいいか、なんていう質問もあったりします。

今の時代、忙しすぎるのか、自分のスタイルを知るって事ができていない、自分に合った暮らし方が自分で答えが出せない、どこか他人事、、、そうしたことになっているように感じます。

そんな住まいに対しての経験や思考のアンテナが、ちょっともたげられると、大海原に広がる住まいづくりの世界が広がっていくはずなのですが、、、。

また、いろいろ心配なことがあっても、必ずしも正しい答えを求めているわけではないこともあって、どこかで納得させてしまおうとしてしまう感も否めません。

こんなやりとりに触れると、建築設計・監理を本業とする仕事が今後も残っていけるのか、展望が持てなくなってしまいます。出る番は、トラブル仲裁のための技術者としての立ち位置に絞られていきます。つくられる最も大切なプロセスは企業、不動産主導、、、。

尻拭い技術者という道は、近い将来現実のものになっている、、、というかすでに、まわりでも、瑕疵担保履行法等の検査員といった検査機関に登録して検査員としての道に特化してしまった方も出てきています。こうして、独立系設計事務所は、1/7に淘汰されることになるのかと、、、。

愚痴っぽくなってしまいましたが、

思うのはとにかく、楽しく、住み手の方といっしょに学習しながら、「らしい」ものづくり、住まいづくりに関わっていたい。ということだけですね。

などとあれこれ言いつつも、

例のQ&Aサイトでは私、現在のところ、121回答、ありがとうポイント750ptを頂いております。

やはり、文献チェックして回答することもたまにあり、自分にとっても学習機会になっているかななどと思っております。

ユーザー名は匿名なので秘密ですが、ヒントは、好きなアーティスト名と生まれた年の西暦末尾2桁を組み合わせた名前です。(笑)分からないですねきっと。

2009年6月 8日 (月)

小さな仕事

大きな仕事の次は小さな仕事。。。

4年前に、某メーカー住宅の4年目の住まいを事情で、2世帯分離に低コスト改修した方から、当時やり残した収納の整理を子どもの夏休みにあてたいとの事で検討中です。

Dscf3402_2 収納場所のうまく活用できていない箇所の整備や、

Dscf3408_2 あふれかえってきた漫画本を納めるための隙間探し、、、。

腰壁の壁見込み寸法を活かして本棚ができそうかな、、、などなど。

あれやこれやと寸法を測って、、、。

他にも、どこに何を、どう収めたいかといった、暮らしながら身についてきた動きや流れから発想して、細かなスペースづくりを思案しています。

ヤンボー・マーボーのように力になっていけたらと思います。(分かる人にしかわからないかな…。) 

2009年6月 4日 (木)

現場の空気

比較的大きな現場が動いています。

地下をつくるために、土留めを行い、水位が高かったため事前に薬液注入工法で止水対策を講じて、、、根切りへ。。。

地盤は、非常に固かったこともあり、杭施工は無しで直接基礎です。Dscf3494

その基礎工事中です。梅雨が近づく中でもあり、なかなか大変です。

記録的雷雨がない事を願いつつも、むしろそうした雨量を工事期間に経験しておくのも悪くはないかもなどと不謹慎なことを思ったりもしています。

現場では、いつも手づくり陶芸のカップが出てきます。

監督さんの手づくりだそうです。趣味で陶芸をされているようですが、かなりの腕前です。

Dscf3512 工事関係者のみなさんへもプレゼントされていて、現場で働く各職人さんたちに気持ちよくやる気を出させている模様です。

現場の士気を高めるべく、環境をつくることはとても大切です。

かといって緩んでばかりいてはいけません。

次に、現場詰め所らしいショットを。Dscf3511

安全週間などのポスターって必ずといっていいほど、いわゆる癒し系の女性のポスターですね。消防などのポスターもそうですね。

なんかホッとする感じをねらっているのでしょうか。

男性中心の思想から脱却できていないという指摘もあろうかとは思いますが、なんか分かる気もして、まあいいかなと思ってしまいます。

こんなところも、いかにもちょいと大きめな建築現場の裏方風景のひとつです。

現場の空気は、本当に小さなところからも大切なんだと思います。たくさんの人の手が加えられていくわけですから、図面以上の質へとさまざまな知恵や想像力が蓄積していければいいなと考えながら通っています。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »