フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« このところの近況を | トップページ | 古いおうちの現調 »

2009年9月23日 (水)

連休の過ごし方~事件がありました。。。

建築士の仕事って、基本的に頭の中が休まらないような気がします。

時間が許せば、いくらでも検討すべき事柄が存在するからです。

どこへ行っても、

「あのアプローチいいな、○○さんちのヒントになりそう。」とか…、

「あの軒すっきりしてて、あそこでも使えるかも。」とか…、

「あんなことをしようとしていたけど、案外良くないかも。」とか…。

結局、あれやこれやと思案の日々が続いております。

合間に、外置きの犬小屋の設計をしてみたり、

(我が家の杉の残材や学校から引き取った工作室の机の足などを活用して)

ちょっとした棚やベンチのDIYをしたりしています。

そんなことより、頭から離れない事件がありました。

約2年前に竣工引渡ししたお住まいの隣家(木造2階)で全焼となる火災があり、

こちらは鉄骨の耐火建築ですが、直近の大火で、窓ガラスが割れ、熱による一部損傷、

大量のすすと消火活動によっての水浸し状況となってしまいました。

当時留守中だったとのことで、けがはなかったようですが、あまりにショッキングでした。

ALC(軽量気泡コンクリート板)の内側に発泡ウレタンの断熱をしていましたが、

それらが熱で白い小さな粒状になって溶けていました。

夜のことだったのですが、知人から知らせを聞いて、

すでにビールの1杯も飲んでしまっていたころで、最初はどうしたらいいのかも分からず、、、

でも気になってしまい、施工者さんへも連絡を入れ、とりあえず自転車を走らせ(約30分)駆けつけました。

周囲は通行止めとなっていて近づくことさえ出来ない。。。

施工者さんが少し遅れて到着し、地元で消防団活動を長くされていたということで、

しっかり消防服に着替えられ、消防活動の隊長とおぼしき方に話をしてくださり、

建て主さんへもお会いすることが出来ました。

こういうときは、声のかけようもないもので、、、

とにかくむなしさとこれからどうなっていくのかの不安感で、ただただ立ち尽くしてしまいました。

しばらくは、さまざまな調査が行われるようです。

気になりつつも、今日はその現場の近くで、古い平屋の木造住宅の活用に向けた調査にこれから行ってきます。

« このところの近況を | トップページ | 古いおうちの現調 »

 日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« このところの近況を | トップページ | 古いおうちの現調 »