フォト
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

新築・建て替え例のページ

2023年4月17日 (月)

見学会のご案内

横浜市内ですすめてまいりました、認可外幼児施設の完成見学会が予定されています。
(事業者様のご協力のもと、施工者主催で行われます。)

01_20230417102801

自然素材を大切に用いた(床は杉無垢、壁はパーシモンウォールという塗壁を使用)、

木造八角形の大空間プレイルームが特徴的な学び舎となっています。

03

子ども用のキッチンも備えました。

05

大人と子ども、地域との接点となるスペースは、昔ながらの三和土の床のカフェを配しています。

04

敷地高低差を活かしたスキップフロアーによって視線を移しながら、

それぞれのスペースをつないでいます。

06

07

__01

__02

よろしければ、

お申し込みは添付をご覧くださいませ。

02_20230417102801

by S.Ono

 

2023年1月15日 (日)

上棟式 餅撒きが行われました。

今日は、かねてから進められている現場(お寺さんによる認可外幼児施設計画)にて、

仏式による上棟式が行われました。

その後、建て主様のご厚意にて、

最近の上棟では少なくなりました餅撒きも行われました。

(中には、くじのような当たり券をつくっていて、楽しい工夫をされていました。)

木造2階とは言え難易度もあり、現場も大変な中ですが、

改めて、責任の重大さを感じる機会となりました。

なんとかお集りの皆様のご期待に応えられるよう、頑張りたいと思います。

Img_1004-4

Img_1026

Img_1032

Img_1018

Img_0769-2

by S.Ono

2022年4月 3日 (日)

2022年「かたつむりの家」無事お引き渡し


21年度末、なんとかお引き渡しができました。
「かたつむりの家」移転新築工事、障がい者作業所です。


市街化調整区域における手続き、
農転許可、県と町の開発許可、開発審査会対応、
新法(300㎡超え非住宅)省エネ適合判定申請、町の景観届、県みんなのバリアフリー条例等々…
私の不慣れもありましたが…ドキドキの連続でした。
Dscn9767-2
Dscn9768-2
Dscn9769-2
Dscn9773-2
屋根には、市民電力会社のささやかな(9.9kw)発電所を乗せています。
屋根を貸して、電気料金は市民電力にお支払する仕組みです。

さらに、
コロナの影響ともされる、ウッドショックだとか、
エアコンが…、給湯器が…、照明器具が…、と、
そもそも、工期がタイトという中でしたが、
多くの関係者の皆様のご努力もあり、ここまで来ることができました。
(経緯は、これまでも記事にしたので過去ログを参照してください。)
Dscn9741
Dscn9818
Dscn9817
Dscn9813

利用者さん、ご家族の皆様、後援会の皆様のご協力で、
みんなで床塗をしたりと、
移転に際し、愛着を持っていただける機会を設けたりもしました。
Img_8334
Img_8353
Img_8355
これから新しい作業所での生活が始まります。
皆さんが笑顔で過ごされることを願っています。

今は正直、ただただホッとしています^^;
(写真は合間に撮ったものです。天気の良い日に改めて撮影したい…)

P.S.(2022.04.09追記)
神奈川新聞とタウンニュースで取り上げてくださいました。
記事をアップしておきます。
20220409
20220409_20220409204401
by S.Ono

2022年1月19日 (水)

外部木部にこんなものを塗ってみました。


外部木部の塗装…、
軒も深いので、杉板そのままというのもありかなぁと
思っていましたが、
やっぱり何かした方がいいかなと…、
今までは、リボスやオスモなどの浸透型の撥水効果のある自然系で対応してきました。

今回は、そもそも素地を覚悟していたので、
あくまでプラスアルファーのつもりで、
こんなものをサポート塗りしてきました。

知人より、ぜひと、安くするよと、怪しい話に乗ってみました^^;
銀を微粒子化し水溶液にしたものだそう。
撥水性は無いようですが、
腐食菌を抑制する働きが付加されるのだそう。
油分は無いので、汚れ防止効果は無いですね…。

まるで水を塗っている感覚で、施工性はいいですね。
刷毛でもいいけど、霧吹きで噴霧しても良いとの事。

特別な養生をしなくてもすぐふき取ればよい感じ、
何と言っても水を塗っている感覚なので…^^;
乾いたら、何も塗っていないのと一緒な色合いと肌触り…。

丸一日かかるかなと予定していましたが、半日で作業完了^^;
効果のほどはこれいかに…。
そもそも南面・東面で乾燥エリアなので、腐朽菌は付きにくい場所なんですけどね。
Img_8029-3

平屋だから、経年変化でどうしても気になれば、
上塗りしていければいいかなぁと。
Img_8030
Img_8039
by S.Ono

2021年12月19日 (日)

2021年 都心居住は悩ましいと書いてきました新築工事竣工

都心中央区での敷地約14坪ほどの狭小地における
移転建て替えです。
A-01
B-02
鉄骨造耐火建築の3階建て、ロフトとルーフバルコニーを設けています。
C
耐震等級3の取得をしました。
ハウスメーカーからも提案がいくつか出されていたようでしたが、
細かな要望に応えきれなかったようで、歩を進めることになりました。
北道路側に開放されている以外、東・南・西の3方は高層建築で囲われています。
D-01
E-02
G-1
狭さを感じさせずに明るさ確保、風の抜けなどに配慮しながら、要望を形にしていきました。
J-2ldk01
K-2ldk02
O-202
床は、杉の無垢フローリングを張っています。
2階の天井は、階高を抑えていることから天井仕上げを省略、
デッキプレートスラブ表しで、ペンキ塗りとしています。
Q-202
R-22-2
狭いところなので、
隣地境界線との離隔距離を将来の維持管理を見据えた時のことを考えての最小値…ギリギリ。
足場がかけられ、現場塗りが出来、設備配管も一部は基礎ピット内部としたものの、
支障なく手が届くように思案した建物配置としています。
W-302b
T-3
Y-01
Z01-01
Z02-02
施工難易度は高かったと思います…。
コロナ禍で建材流通の問題等もある中、無事完工できてほっとしています。
by S.Ono

2021年12月16日 (木)

本日、無事上棟のお祝いをしました。

「かたつむりの家」
本日、無事上棟のお祝いをいたしました。
Dscn0009
オール4寸檜柱、檜土台の平屋の障がい者福祉施設です。
実は、防火上主要な間仕切り等々…指導もあって隠れてしまう個所も…。
それにしても木が組まれると、気分も上がります。
Dscn9957
Dscn9956


若い職人さんたちが、楽しそうに作業をしている姿を
見るのもうれしい。
海外からの技能実習生の頑張っている姿も、応援したくなる。
利用者さんたちも参加され、
お部屋のシュミレーションをされました。笑顔がこぼれていました。
Dscn0006
Dscn9974
タイトな工期な中、
まだまだ予断を許さない状況に変わりないのですが、
これから、いくつかの場面で家づくりに参加していただきながら、
愛着の持てる居場所になってくれたらと願っています。
Img_7300
by S.Ono

2021年11月17日 (水)

基礎配筋検査…明日はコンクリート打設

木造平屋の障がい者作業所さんの現場が急ピッチに進められています。

細部の使い勝手や設備、素材の色など…

打ち合わせも重ねつつ…
Img_6787-2

地盤改良工事、根伐、砕石、捨てコンクリートときて、

今日やっと配筋検査、明日はコンクリート打設予定。

Dscn0002-2

平屋とはいえ、基礎配筋を計算で出すとそれなりの鉄筋量となるものですね。
Img_6994

根伐した状態を見ると、遺跡発掘現場のよう^^;

来月初旬の上棟を目指しています。

Dscn9670

多くの職人さんたちのご協力あってこそです。

ウッドショックと言われる中、オール4寸柱です…。

現場のあちこちに、ミッキーマウスがいて応援してくれています^^;

Dscn9995

by S.Ono

2021年10月23日 (土)

毎度毎度の無垢床へのご奉公

昨日は、
都心狭小住宅の審査機関による完了検査のあと、
毎度毎度の無垢(今回は杉)床採用へのご奉公として、
リボス塗をしてきました。
Img_6798-2
手摺に黒い靴下が引っ掛かっていたりするのは、
まぁご愛敬という事で^^;
来週にはお引き渡し&即お引越し予定との事…。
実は、昨今の情勢により、
一部備品が未設置状態なのですが…。
(審査機関の検査員からは指摘無しとしてくれました。)
まぁいろいろあって、今年の工事は本当に大変ですね…。
工事関係者の皆様には感謝です。
Img_6806
あともう少しです!
頑張りましょう!
by S.Ono

2021年10月18日 (月)

いよいよ本格着手へ

思えば、2019年初めころから、候補地を見てまわったり…、

いや、実はその数年前から、どんな施設にしていきたいかのワークショップなども定期的に行ったり…、

裁判という課題も抱えた中、様々な協力、サポートのもと、

市街化調整区域への移転を決め、

慣れない開発審査会やら、農業委員会やらの対応に右往左往しながら…、

はたまた、新法対応の省エネ適合判定申請等もあったりして…、

コロナ騒ぎもバッティングして…、

不安が続く長い道のりでしたが、建築確認も下り、いよいよ本格着手となりました。

 

障がい者作業所「かたつむりの家」

Photo_20211018175901

ウッドショックと言われる中、非常にタイトな工期…、

まだまだ越えなくてはならないハードルはあるものの、

やっとここまで来られた!という想いも…。
Img_8773

64789189_2221129977983683_69289025391275

Iimg_4738

未熟者ですが、なんとか継続して頑張ります。

by S.Ono

 

2021年9月26日 (日)

都心居住は悩ましい(続編)

東南西の3方ふさがりの都心居住の住まいづくり…、
足場が外れました。

まだ、細かなところ補修等作業があります。

内部も追い込み状況…。
(狭いので資材置き場も密状況)

Dscn9569-2

Dscn9549

来月の今頃にはお引越しされている予定です。
隣地境界線と壁芯との距離300mm…。
なかなかの難工事ですが、なんとかここまで来ました…。

鉄骨耐火建築ですが、耐震等級3を取得しました。

中間報告という事で…^^;

by S.Ono

より以前の記事一覧