フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« オール電化の大きな現場が無事引渡し | トップページ | 2010、春 たまにの近況です。 »

2010年2月28日 (日)

お米屋さんのある街かど・川崎区

週末、打ち合わせからの帰り道、自転車圏内の場所ですが、なかなかのお米屋さんを発見。

思ったのですが、川崎区内の風景をカテゴリーに加えて、アップしていきたくなりました。

地域の記録として愛すべき原風景を記録にとどめておく意味もあると感じまして。。。

まだまだ、気が付いていないものが探せそうだという気が湧いてきました。

今回はその1ということで、、、

古い建築が維持されているお米屋さんがいくつかある中の一つです。

Dscf6891 左官屋さんの仕事がさえていますね。

「たばこ」は赤文字です。

Dscf6893 戸袋は、赤い米印としめ縄の下には米俵。

Dscf6894 上部も米印の連続模様と目地は、しめ縄目地。

左官による看板建築ともいえますね。

角地にありながら、軒が低く抑えられていて、威風堂々というよりは、控えめに存在感を放っています。

なによりしっかりメンテナンスされていて、文字も装飾部分も欠けたりしている箇所がありません。

すばらしいです。

脇のブロック塀は、こんな感じです。

Dscf6892

透かしブロックにも歴史や地域性などもあるようです。

鉄筋などは入らず、安全性の課題はあるかもしれませんが、5段と比較的低く抑え、

住まいの開口部と植栽を介した道との関係において、閉鎖的にならない工夫が感じられます。

厳しいご商売となってきていると思われますが、引き継いでいただきたいと思ってやみません。

« オール電化の大きな現場が無事引渡し | トップページ | 2010、春 たまにの近況です。 »

川崎区内 愛すべき街かど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オール電化の大きな現場が無事引渡し | トップページ | 2010、春 たまにの近況です。 »