フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« もう少しでお引渡しです。 | トップページ | これなんだかわかりますかっ。(改修1年点検より…) »

2010年3月16日 (火)

茅葺きの古民家-その1

川崎区の海寄り地域は、その多くは埋め立て地域で、高度経済成長期は、行政主導で積極的な工場誘致が行われてきた京浜工業地帯の中心といえます。

しかしかつての多摩川河口付近は、遠浅海岸の地の利を生かした、海苔、塩田、漁業、果樹などで生計をたてていたのです。

その名残は、「塩浜」「田町」、京急大師線「小島新田」などの地名や駅名に引き継がれているだけでなく、地域を歩くと。古くからの住まいも案外残っています。

そうした古民家(年代や工法等によりその定義には各説ありますが)は、世代交代等から急速にその姿を消しつつあります。

写真は、90年に撮影した茅葺き屋根のお住まい。角地に建つ立地からとても印象に残るものでした。

9003_2

9001_2

下は、現在の同じアングルからの景色です。

Dscf7028_2

Dscf7026_3

新しく更新されました。

「川崎の民家」小林昌人著(川崎市文化財団編)にも紹介されていたお住まいです。(抜粋します。)

Photo_2

筑波流と言われる技術による多層葺きです。軒先を見ると茅がきれいに層を成しているのがわかります。

9002_2

波型トタン塀の維持状況から経過を心配しておりました。

数年前改修された際、その様子を実は何度か目にしておりました。

基本的な構造は極力残し、屋根を従来の寄棟から入母屋に変えたことから妻壁が印象的になり、

外壁は無垢板を縦張りにし、シャッター付きアルミサッシなどに置き換えられたことで、

洋風なお住まいへと変化しました。

かつての風土・文化が感じられる原風景の変化は、大変さみしさを感じますが、

現在において、茅葺き屋根の更新をすることのハードルの高さ、維持の大変さ、生活スタイルの変化などを鑑みれば時の流れともいえます。

更地にして何の継承もされない手法での更新に比べたら、大変な努力や想いで維持されているであろうことに敬意を表したい思いです。

また、隣接地域の変化も見逃せません。

当時、旭硝子社の工場があった場所に、撤退後、県供給公社による大規模な分譲マンションが建設されました。

準工業地域の制約から、こうした工場跡地の開発は、周囲よりも突出したボリュームで建ってしまうことが、この後2000年以降市内のあちらこちらで問題化し(ここでは問題にはならなかったと思いますが)、最近、川崎市によるこの手の準工業地域の開発基準の見直しがなされました。

by S.小野

注※

誰でもが目にできる公共からの風景としての写真紹介としているつもりですが(書籍も公表されているものですので、抜粋を明らかにし掲載しています)、もし、住まい手の方及び関係者の方で、こうした紹介でも止めてほしいということがありましたら、お手数ですがご一報いただけますようお願い致します。即公開は中止し、謝罪にお伺いするつもりでおります。

地域の原風景は、地域の貴重な財産だと感じ、戦後移り住んだ者にとりましては到底創り出せるものではありません。原風景への愛着を持って紹介するもので、決して悪意を持ったものではありません。

« もう少しでお引渡しです。 | トップページ | これなんだかわかりますかっ。(改修1年点検より…) »

川崎区内 愛すべき街かど」カテゴリの記事

コメント

うちの近所にも
萱葺きの家が数軒あったのですが
やはり2年ほどまえに取り壊されてしまいました
その後は建売りメーカーに分譲されて
時代は変わるんだなーとしみじみ感じました

小野さんがおっしゃっていたとおり
維持するのはめちゃめちゃ大変だと思いますし
住まい手のご苦労を考えると止むを得ないので
「ああ、もったいない」などと
ノーテンキに語ったりできませんね

どうしたって時代は変わるのですから
せめて良い方向に変わっていったらいいですね

茅葺き民家ですが、工場の合間に数件ではありますが、まだ実は残っているんですよ。でも銅版で上からかぶせてしまっていたりしてますが。
この手の地域の原風景の紹介をぼちぼちしていこうかなって思っています。データは結構あるんです。
集めると、また見えてくることもあったり…。
心配なのはプライバシーにかかりはしないかなんですよね。
グーグルのストリートビュウ未満であればお許しいただけるかなと思ってはいるのですが。。。

わかりますよー
「個人情報」っていわれるとビビっちゃうんですよね
そんなに悪いことしてるわけじゃないのに。。

遠くから引きで撮影するよりも
至近距離から接写したほうが
建物の特定はしにくいかもしれませんね

わたしのほうもこれからブログで
近所で見かけたおもしろいものを載せていこうかと
考えています(豪農の納屋の軒下とか:笑)

おたがいに手探りでやっていきましょう♪

>至近距離から接写したほうが

なるほど~。
でも、逆に、こんな近くまで来てまじまじと写真撮りやがって~とはならないかな~。
心配したらキリがないのですけれど…。

>近所で見かけたおもしろいものを載せていこうかと

ぜひぜひ紹介してください!
楽しみにしています♫
こちらも、ぼちぼち増やしていきま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう少しでお引渡しです。 | トップページ | これなんだかわかりますかっ。(改修1年点検より…) »