フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

設計事務所 なぜ潰れないのか

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

と、ウェブ検索している方が、私のブログにたどり着いていることを発見いたしました。(失笑、、、)

なぜかというと、それはたまたま過去ログに「なぜさおだけ屋は潰れないのか」という書籍についてコメントしたところにヒットしたようです。

でも、、、このような疑問を持たれて検索されていると思うと、ちょっと悲しい気持ちになりますね。

ところで、

この問いかけに対する答えは、「いいえ、潰れています。」です。

一級建築士の数は増加していますが、設計事務所の数は増えてはいません。。。

ゼネコン、ハウスメーカーなどでは、その営業所規模がどんなに大きくても、1人建築士がいれば事務所登録もでき、営業的に成り立ちます。そうした企業内建築士の数はむしろ増えているのではないかと思います。

これは、昨今の安定化思考の反映か?(企業建築士でも今や安定とはいいがたいかもしれませんが。)

また、建築基準法の相次ぐ改正によって、その流れについていけずにたたんでしまわれた方もいます。

最近は、設計事務所といっても、新築やリフォームの設計監理のみを行うのではなく、建築トラブルやその予防的役割(インスペクター)に特化した設計事務所が増えてきています。

住宅の建築市場を考えてみても、多くの方々はハウスメーカーへ、設計事務所へ依頼して進められる方は残念ながら少数派。その少数派のみなさんも、メディアに登場する人気の設計者に集まられている傾向があります。

そう考えると、私のような設計事務所は、最も「なぜ潰れないのか」と問われそうな事務所とも言えるかもしれません。

私には、さおだけ屋の理論のように、残念ながら副業があるわけでもありません。

ですから、生き残っていくにはそれはそれは大変なのです。

ある意味、小さな設計事務所は企業戦士以上に戦っています。(笑)

病気で倒れるって事だってあるかもしれません。

(設計事務所の賠償保険への加入も、そうした際には大切な消費者保護になります。もちろん体調管理には気を配ります。ハイ。)

ですので、とにかく、私たちの仕事について知っていただく機会を増やす努力をしています。身近にこんな事をしている人がいますよ~っていう感じです。

住まいについての想いは、なにも造ることだけではありません。

住まいをどうするか、いろいろな選択肢が考えられるので、ちょこっと相談してみよう、聞いてみようっと思える人が身近にいたら、助かるのにって思ったことはないですか?

そんな身近な存在の設計事務所であり続けたいと思っています。

(なんだか今日は、ボキャブラリーの少ない自分に気がつきました。。。)

by S.小野

2010年7月28日 (水)

酒屋さんのある風景

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

お酒類も近年その種別から、小売までもが規制緩和の流れの中で大きく変化してきたといえると思います。

以前は、お酒を売るお店はそのエリアに規制がありましたが、今や、近くのスーパー、コンビニ、ドラッグストアーなどでも売られています。安売りを謳うリカーショップなどもありますね。

そうなってきますと、古くから商売をしてきた酒屋さんは大変です。。。

Dscf7778

そんな中、妻入り古民家の趣きの酒屋さんを見つけました。

隣町なのに、最近までその存在に気がつきませんでした。

この湾曲している全面道路も微妙に勾配があるように感じられ、かつこの建物も微妙に道路と平行ではなく角度がついて配置されているので、パースペクティブ効果で、より立派に見えます。

もしかしたら、かつての観音川へつながる水路だったのかな?

それとも、海岸から川崎大師への古道の名残か、、、

この道に沿って、古民家がいくつか残っていました。

古地図などをチェックしながら改めて観察してみたくなりました。(笑)

Dscf7781

店舗内も広くとても整理されていました。

2階も道路側が南面なこともあり、開放的な窓の構成をしています。

手すり壁を兼ねたような看板建築となっていますが、縁側を想像させます。

非常によく維持されていて、頼もしい存在感です。

南面の壁が少ないように感じられますが、柱梁、差し鴨居等の構成で耐力がどのくらいあるのか、改修の際などにきちんと調査し改善していけたら…

などと勝手ながら思ってしまいました。

いつまでも残っていてほしい原風景ですね。

お店の一角を立ち飲みではなく、座り呑み(笑)ができるコーナーがあったらいいなー、つまみもあるし、、、コミュニティスペースとして、地域の居場所というか、、、

などなど、これまた勝手ながら思ってしまいました。

酒飲みの発想ですね。(笑)

by S.小野

2010年7月27日 (火)

水廻りの改修 その後

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

シロアリ大丈夫ですか の記事の続報をしてみます。

浴室、脱衣、トイレの改修の完了状況です。

Dscf8025

Dscf8026

トイレの引戸の上は、既存の切子ガラス欄間を残しました。

Dscf8032

床下点検口と、共用スペースへ明かりが漏れるようにと窓を切り取りました。

Dscf8029 

浴室はユニットバスです。段差無しの2枚袖付き引き戸です。

と、いう小さな改修ですが、

小野建築設計室は、こうした小さな改修工事も

きちんと事前現地調査、設計、施工者との工事費折衝、監理、そして監理報告と、

新築同様、いやそれ以上に対応いたしております。

もちろん戸建、マンション、各種施設など問いません。

by S.小野

2010年7月26日 (月)

たまには柴わんこ 1歳になりました。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

誕生日は7/11ですから、もう2週間経ちますが、、、

柴わんこも1歳になりました。

コギャルとでもいった感じでしょうか。

Dscf8100

さすがの暑さで、天然毛皮を着こんだ彼女にとっては、部屋にいてもぐったりモードです。

しかし最近では、引戸を自分の鼻でスーっと開けて、事務所を覗き込んできます。(笑)

Dscf8058

あまりに退屈だと、かまってほしいようです。

事務所のスペースでエアコンつけると、涼みにやってきます。

心地よい場所をよく知っていますね。

この暑さで、もっぱらお散歩は夜です。。。

さあ元気に歳を重ねていこう。

by S.小野

2010年7月25日 (日)

建築士賠償責任保険に入りました。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

ブログ更新が7月になってからなかなかできませんでした。。。

実際の慌しさというより、気持ち的な部分でしょうか…気ぜわしいというか、なんだか落ち着かないというか…。

そんでもって、この猛暑続き。。。

子どもたちも夏休みに突入。思春期(というか反抗期)を迎えた夏休みは、まあ親心としても複雑な想いもありますね。

ということで、なんとか元気にしております。

話は変わって、

このたび、「建築士事務所賠償責任保険」に加入いたしました。

NPO設計協同フォーラムを始めとした、さまざまなグループを通して仕事をしていく場合に、責任の所在をはっきりとさせて、なにかあったときにグループの運営に支障をきたさないためもあります。

もちろん、建て主さんに対しても、安心度は増します。

この保険は、もし設計監理上の瑕疵やミスなどが原因で、建築あるいは住まい手の方に事故が生じた場合、改善工事に向けた費用を保険で補おうというものです。

設計事務所は、小さな組織です。

しかし設計する建築は、1千万から億単位にも及ぶこともある多額なもの。。。

もし、改修が必要なミスが生じた場合、小さな設計事務所では、それだけの費用を負担できるはずがありません。そもそも設計監理費自体1割に満たない程度の中で仕事をしているわけですので。1つのミスで破産してしまいます。またそうなってしまったら、建築自体も改善工事が困難な事態となってしまいます。

ということで、これからの建築設計事務所選びには、この、「建築士事務所賠償責任保険」に加入しているか否かもチェックされると良いのではないかと思います。

「絶対間違いないから大丈夫」というセリフが、

こんなにも軽く響いてしまう時代もなかったように思いますね。

一方で、なんでもかんでも「保険」というのもマニュアル社会的で、

人間社会としてはなにかが後退しているようにも感じます。

設計事務所のホームページ、、、

きれいな写真が並んでイメージや感覚でアプローチするのも結構ではあるのですが、

やはり、お会いしましょう!そして実際の建物を感じてみましょう。

そうすることで、

イメージだけではない、さまざまな暮らしへの視点や住まいづくりで大切なことなど、新たな発見が芽生えていくのではないかなと思います。

by S.小野

2010年7月12日 (月)

7月21日(水)イベントのご案内です!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

私の参加しています、NPO設計協同フォーラムでイベントを行います。

東京都学校生協さんとの共催企画となります。

「心通わす住まい展と総合学習支援展」

2010年7月21日(水)10:00~16:00

東京都生協連会館3階(JR中野駅南口下車徒歩7分)

1007211

1007212

住まいづくりに関するセミナーなどもあります。

私は、当日は最後の2時間くらい居る予定でいます。

よろしければぜひお越しくださいませ。

お子さん連れで楽しめると思います。

by S.小野

2010年7月 5日 (月)

たまにの近況報告です。2010.7月

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

もう今年も折り返し地点…、あっという間ですね。

ブログの更新も2週間ぶりとなってしまいました。ちょっとドタバタしているとこちらもあっという間。。。ということで、最近の近況を。

横浜市内で新築のお住まいの実施設計をまとめ中です。

思えば昨年の今頃から計画してきています。紆余曲折がありましたが、木造3階+鉄筋コンクリート造平屋の駐車場という形です。南欧風なテイストを要望されています。

今はこれを9~10月までに着工まで導くことが最大目標となっています。

それから、

川崎市内の社会福祉法人さんの保育園移設の相談を受けていまして、行政との協議にあわせて、さまざまな提案を先行して作業しています。

現在の場所の活用提案も含めて、いろいろな要望をお聞きしていますので、多岐に渡る提案を求められておりまして、こちらもなかなかの作業となってきています。

うまく行政区分上の年度内計画に入れてもらえたら…と思って先行的に動いています。

それから、

欠陥系相談から3現場。(マンションが2題、木造住宅が1題)

マンションは、1つは共用部結露・カビ問題への住民側サポート、1つは、外壁タイルの浮き、精度を主とした住民側サポート。

木造住宅は、設計監理者が実質名義貸しで動いていた注文住宅の、欠陥事項の改善を求めての住み手側サポート。

改善への道は、簡単ではありませんが、粘り強く交渉サポートをしております。もう長いことかかっています。。。

それから、

先日、都内中古マンション購入の内覧に同行した際、リフォームもお考えのようでしたので、簡単ではありますが、関わり方と提案メモを提示しました。

仕事として関われるかは、、、連絡まちといったところでしょうか。

それから、

都内で二世帯住宅を検討されているご家族の方と面談する機会がありました。

簡単なたたき台メモを元にイメージ等についてお打合せを持ちましたが、こちらも今後どうなるかは、、、連絡まちといったところでしょうか。

それから、

NPOふるさとの会の施設の改修修繕工事への諸対応。

先日、浴室周り改修を行いました。が他施設でも水廻りで問題がありそうな箇所を発見。

原因を究明し、対応をしてく必要がありそうです。

それから、

知人からの紹介で、建設関係業者さんの作業員寮及び高齢になられている寮に住んでいる作業員の方の行く末を見据えて、相談を受けています。

高齢福祉の傘で、グループホームのような活用ができないかと…。

実は、この近くで、昨年春かな、廃業された居酒屋さんを改修して、施設利用をしたのですが、それをご覧になって、そのような活用ができないかとの事でした。

今、人づてに運営に関心を寄せていただける法人さん探しをしているところです。

小規模多機能型(介護事業所、デイサービスやショートステイなども組み込み)も可能性がありそうですが…、法人さん探しが難航しそうです。。。

と、いった感じが近況ですね。

合間に、NPO設計協同フォーラムの相談会やアピールイベントの準備、

ともに学ぶくらしすまいの会も、秋以降の連続座談会講座企画を練ったりと…。

まあ、ささやかな営業行為というべきか、設計事務所の仕事や存在を知っていただくための活動をしています。。。

こんなふうに書くと、いっぱいいっぱいのように思われるかもしれませんが、

フトコロ具合を考えますと、もっともっと頑張らないと、なかなか大変です。

今年後半に向けて、前半蒔いた小さな種が少しでも芽を出してくれるといいなと思っております。

この時期、蒸し暑さもあって、バテないようにしっかり体調管理をしつつ夏を乗り切りたいものですね。

久しぶりの近況報告でした。

by S.小野

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »