フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

信州からまつの森林・製材工場見学に参加してきました

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

先日、長野県産材販路開拓協議会さんによる、信州カラマツを学ぶ見学会に参加してまいりました。

もう10年以上前ですが、山梨で別荘を計画する仕事の際、国産材の入手、価格についてなどを調べた時、信州からまつも検討しました。その時は採用に至りませんでした。。。

今回は特に今抱えている計画への具体的検討というタイミングではありませんでしたが、

勉強のつもりで参加しました。

まずは、青木屋さんという製材工場へ。

真壁の妻側に見える和小屋組が素敵なご自宅を横目に、工場へ。

Dscf8476

Dscf8489

Dscf8482

Dscf8488

地元のカラマツとアカマツへのこだわりを感じました。

乾燥釜は2機。長さ9mまではいけるそうです。

主に構造材は、120℃の高温乾燥、フローリングなどの板材は90℃の中温乾燥で、

前者は1週間、後者は3日程度、蒸気で松ヤニを飛ばして行い、その後、自然乾燥させておくそうです。

釜から出したばかりの時で含水率7%程度、その後1ヶ月放置で10%程度に戻ったところで安定してくるとのことでした。

トラックで積まれてきたカラマツは、概ね50年もの。

比較的成長が早く、40年くらいまではねじれながら成長し、50年越えくらいから狂いが少なくなるのだそうです。

Dscf8492

梁用の尺を越えるせいの材も心持ちで切り出されていました。

Dscf8497

構造材として製材されているものは80年ものだそうです。

最大梁せいとしては、スパンにもよりますが、概ね尺5寸(450ミリ)程度までのようです。

逆に80年を越えてくると、それ以上は成長せず、心腐れが起きてくるとの話がありました。

戦前、成長の早いことから盛んに植林されたカラマツの伐採時期がまさに今で、

その活用、販路の開拓というのが使命となっているようです。

Dscf8506

乾燥させていた板材をフローリング用に、本実及びモルダー加工機にかけています。

節はそれなりにありますが、杉やヒノキの節に比べて、抜けや死節などは少ないようですが、その処理は木パテで埋めていました。

これまで何度か見てきた製材工場では、同サイズの節などで埋め木処理をされているのを見てきましたが、そうしたことはしていませんでした。

長期経年を考えたとき、木パテは頼りになるか、やや心配な気もしました。

こちらはアカマツのフローリングです。

Dscf8507

アカマツは、節が大きいこととくるいを考慮し、長さ2mもので出しているそうです。

仕上面は無節で、数量は決して多くは出ないようです。価格もきっと良くなりますね。。。

でもきれいです。経年で亜麻色になっていったらされに味わいが出るのではないかなと思われます。

価格表もいただいてきました。直接購入ができたら、検討できる価格といえます。

実際に、首都圏で工務店さんに指定した場合どうか、、、運搬費と経費が加算されてくると、1件の住宅のみの使用量程度では、やや高くなってきて、パイン材系に価格ではおされてしまうかなという印象です。

環境を考えて生産・エネルギーコストを抑えての国産材仕様を目指した住まいづくりを住まい手となる建て主さんが求められていれば、コストバランスで調整していけるかもしれません。

お昼は、小諸懐古園の草笛というおそば屋さんでおそばをいただきました。

手打ちの麺で大変美味しかったです。量が半端じゃなかった。。。(笑)

Dscf8510

食べても食べても底が見えない、、、。残すのが嫌な貧乏性ですからもちろん完食いたしました。

次に、ウッドテック秋富さんという木製サッシをつくっている工場へお邪魔致しました。

製作家具を手がけており、そんな中地域のカラマツを活かしたサッシの製作をはじめ14年ほどされているそうです。

Dscf8528

Dscf8532

ホゾ加工機で加工した後、速乾Fで組み立て接着させ、精度をチェックした後、ビス固定して組み立てていました。

実質、受注生産をされているそうです。製作家具同様に手作業ですね。

Dscf8519

ちなみにこの1間間口の高さ約2mのペアガラス掃き出しサッシで、設計価格約40万とのこと。

開閉レバーが大きいこともあって、実質開口内法幅が狭くなってしまうことなども気になるところではあります。

また街中ですとどうしても防火設備対応のサッシが求められますが、そのあたりの対応にもやや心配な気も正直致しました。

サッシ枠材は、カラマツのほか、ヒノキと青森ヒバでも製作をされているとのことでした。

タモの集成材での製作も多いようでした。

最後に、 山に入りました。

Dscf8537_2

江戸後期1850年植林の人工林だそうです。

現在は、国の保護林として観察されており、伐採して活用ということはしないのだそうです。

Dscf8544

長野県の森林率は80%。その多くが活用されず、切捨て伐採され、活用できる量の実質2割程度を青木屋さんをはじめとし、こだわって頑張っている地元製材所さんなどが活用している状況とのこと。

また、最近では、針葉樹合板やLVL材などに使われてきたロシアカラマツに代わり、国産のカラマツの活用が増えてきているとのことでした。

現在、県内の製材工場をJASS認定工場化しようと動いているとのこと。

環境やらエコやら、森林を守るとか、耳にすることはあっても、実際には、大きな資本・経済活動を誘発させているだけで、自然素材の住まいといっても外材で囲まれていたり、、、

とてもおかしなことになっていることを、実感してしまいます。

県を上げてのPR活動といえる、見学ツアーでしたが、もっと末端の一般の方々に、楽しみながら関心を持ってもらえるようなツアーがどんどん増えていったら、世の中少しは変化するのかなとも感じました。

一般の方々の認識変革こそが、実は住まいづくりのスタート地点においてとっても重要なことなので。。。

それこそ、旅行会社と戦略を練ったバスツアーとか。

主催・企画のみなさまありがとうございました。

2010年8月22日 (日)

食住植物!出現か?

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

Dscf7998

虫を食べて成長する植物を食虫植物といいますが、住宅を飲み込もうという勢いで、

まさに食住植物か、とでもいった感じでカメラに収めました。

かなりの迫力です。

違う方向から見ると、

Dscf7997

こんな感じです。

でも、自転車がとまっていたり、洗濯も干してあったようでした。。。

時間の問題でしょうね。ここまで放置してしまっては、、、。

新種の追い出し手法でしょうか?

アジサイが咲いています。撮影は6月下旬ころでした。

2世帯住宅づくりを土地探しからということで、相談にのっていたのですが、その打合せに向かう道筋の都内某所です。

土地探しからは、ハードルがいくつかあります。

そのなかでも大きなハードルは、「建築条件付き」というセットもので販売される土地です。

不動産屋さんは、土地売買の仲介では、土地はそもそも地価が公開されている事もあって、それだけでは、手間分程度にしかなりませんが、建築までをセットで契約させることで、その工事費の部分でうまく利益を生み出そうとされるわけです。

また工務店さんにとっても、仕事が無いなどと職人さんを遊ばせているよりは、多少厳しい請負工事であっても、その後の仕事に結びついていけば、、、といった想いで、やりくりしていこうとする。。。

しかしながら、問題は、設計と監理です。その流れの中で登場する建築士などが、どこまで住み手の立場に立って、設計を一緒に考えてくれるか、、、また現場を住み手の立場でチェックしてくれるか、、、。

この「建築条件付き」が付いていない状態で土地だけを売ってくれるケースの少ないこと、、、。

このあたりも、もっと購入者・建築主となる住み手の希望が、より安心できる仕組みでつないでいけるやり方を生み出していかなくては、代願建築士を撲滅していくことはできないように思いますね。。。

かくして、相談は一定の終了をみました。。。

2010年8月20日 (金)

区内の民家スタイルを考える

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

このブログで、すでにいくつかの茅葺きの古民家を紹介してきましたが、

それらは、主に関東大震災以前築の民家なので、

海苔付け場があったり、小船が小屋裏に納められていたり、

海浜に建つことから、風避けのための小道具が仕込まれていたり、屋敷林に工夫が見られたりということがありました。

詳しくは、「川崎の民家」小林昌人著などにあり、調査もされ、それらの抜粋なども紹介してきました。

私としましては、その時代以降、つまり震災後から終戦前後あたりの建築にも興味があります。

専業漁業、農業から、兼業へ、、、もしくは企業、国への労働へと、

その生活スタイルが一変する時代に造られたであろう民家。

高度成長期の地域性皆無なメーカー住宅が台頭してくる前の地域の文化が垣間見られるであろう民家。

空襲被害を逃れ、築60~80年といったこうした民家の行く末が心配でもあり、また当時の地元地域の大工の仕事、つまりは、その時代に求められた住まいのスタンダードを知ることができると思うのです。

地図を片手に歩く(自転車で)とまだまだ相当数存在しています。

特に、塩浜や中瀬などには維持管理もしっかり行き届いた、この時代の民家が多く残っているように感じました。

その典型ともいえそうな、いくつかを紹介してみたいと思います。

(個人の方のお住まいですので、写真データは容量を落としています。)

Dscf6995 Dscf6998 Dscf7008

Dscf7287

Dscf7015_2

Dscf7014_2

基本は平屋建て。階高をやや高くとった大屋根は、寄棟か入母屋になっています。

入母屋造りの方が、その規模からも格式が高いように見えます。

大屋根の軒の出は、あまり深くはありません。瓦屋根の重量の関係と、浜風のあおりを考えてのことではないかと思われます。

玄関を1坪あるいは1.5坪、庭側(その多くが南向き)へ飛び出すように張り、入母屋屋根としています。この部分に反りを加えているのも、より格式の高さを表現しているように思います。

その西側に連続するように縁側が配され、下屋で出されています。

ここは、緩勾配で板金葺きとしてあり、軒を深く出しています。

玄関周りは漆喰仕上げ等の左官で仕上られており、全体は、杉下見板張りが基本的なつくりのようです。

Dscf7289_2

それ以前は、玄関は、土間空間を広く確保した農・漁、下ごしらえ空間を兼用したようなオープンな中間領域的空間であったと思います。

しかし、これらのお住まいの玄関は、家の顔(あるじ)としての威厳を見せつつ、外部とのコミュニティは、プライベート空間を奥に配する縁側空間にその役割を大きく移しているように感じます。

マンガ「サザエさん」の住まいのプランに似たスタイルとも言えそうです。

長谷川町子原作の「サザエさん」は、新聞連載開始が昭和21年。戦後まもなくのことです。

この家族の構成や暮らしのスタイルは、当時にしてみれば、新しい家族像、生活スタイルを模索したものとも受け取れます。

今でこそ、なつかしの暮らしという印象を与えますが、きっと、街に暮らす方にとっては、一般的な暮らし、理想的な暮らしの模範のように受け止められていたのかもしれませんね。

そんな暮らしが、この時代の住まいから垣間見れるのがうれしいですね。

Photo

スケッチのお住まいは、私が、川崎まで自転車で行く時、いつも通る道にあります。

上記の写真に紹介したお住まいに比べるととてもコンパクトです。

ところが、もう1年以上くらい雨戸が開けられている様子が見られません。。。

外壁も塗装されていたりと、比較的手入れは行き届いているようでもあるので、なんだかとっても気になります。。。

南東角地にあって、ロケーションも良いので、空き家になっているくらいなら、

事務所に使わせていただけないかな、などとここを通るたび考えています。

もしその場合には、ブロック塀を生垣にしてアプローチにはスロープを設けて、縁側で交流イベントをしたり…などなど、

ついつい妄想がひろがってしまいます。(笑)

駐車場になってしまったり、メーカー住宅などに建て替えられたりしているのを見るのはとってもさみしい思いにかられてしまいます。

まだまだ住めます。しっかり手を入れて永く活用していってほしいものです。

これだけ、エコが大切だといわれているのですから。。。

by S.小野

2010年8月19日 (木)

メーカー住宅の改修の相談から

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

先日、知人の紹介から、メーカー住宅に住まわれている方のリフォームの相談を受けました。

築20年超えで、直接のご要望は、住宅設備の更新と内外装のメンテナンスリフォーム。

木造2階建てですが、在来軸組みでも枠組壁(ツーバーフォー)構法でもありません。

工業化認定型式による木質パネル壁構法となっております。

まずは、床下、天井裏などを見させていただき、浴室周りや外部周りの老朽度をチェック。

保存されていた図面をチェック。。。

木造とはいえ、工業化認定型式住宅のその耐力壁がどの箇所に、どのような施工方法で固定されることで良いとされているのかなどのメーカー情報の入手が不可欠になります。

私たちがリフォームに関わっていく場合、まず最初に行うことは、

老朽度のチェックとあわせた安全性の検証です。一般に言うところの耐震診断ですね。

ここに課題があるようなら、リフォーム計画に加味していくことが必要になります。

リフォームとは、

基本的に今ある住まいをより快適に長く維持していくためのものですから、

人間でいえば、健康診断や人間ドッグのように状況を見極め、

見た目以外の課題についても一緒に対処していくことが大切だと考えます。

しかしです、、、メーカーの工業化認定型式構法の詳細仕様に関する情報の入手が実際には困難なのです。

つまり、私たちでは、(根拠がはっきりとした形での)責任を持った耐震診断検証ができないことになります。。。

話をしていく中では、終いの住まいを見据えて、室内も開き扉を引戸にしたり、とするとこの壁は外せるのかな?とか、床の段差をフラットにしておきたいなど、、、想いは至っていきます。。。

私としましては、壁に手をかけるなどに至る内容のリフォームを求めるのであれば、住宅メーカーのリフォーム対応部署で計画を進めることもありです。と提案をいたしました。

重要なのは、その際の住宅メーカー側の対応です。

現状の耐震性の評価をきちっとした上で、メンテナンスリフォーム+バリアフリーの計画が丁寧にすすめられるかどうかが大切。

どうも一度連絡を入れてみたところ、営業マン対応のようで、そうした技術的な対応については心配とのことでもありました。

例えば、打合せに同席して、すすめ方についての助言をしていく、とか、心配な点があればいつでも連絡くださいとして、お伝えしました。

こうしたお話を受けて想うことですが、

住宅メーカー独自の工業化認定型式構法で造られた住まいのリフォームや増築などにも一般の技術者が関わりにくい。。。

つまりは住宅メーカーは、今まで造ってきた住まいに対して、長期的に維持管理していくための責任を瑕疵担保10年などというスパンではなく、建ち続けている限り持っていることになります。

このことは私たちも同じです。ただ違うのは、一般的な技術では手を掛けられないという問題があります。

住宅メーカーは、独自の仕事として住まいのメンテナンスに入れるというのに、職人さんも継続しない、技術者の登場機会もないまますすめられてしまうようでは、あまりにもむなしすぎます。。。

住宅メーカーの工業化認定型式構法がどのような仕様に基づき認められているのかについての情報公開がひろがっていかない限り、構造安全性のチェック無しにすすめられてしまうメーカー住宅系リフォームの行く末は、問題山積といえると思います。

また、一般の設計事務所や工務店、リフォーム会社などでも、案外と安易に手を入れてしまうケースを見かけますが、それもまた問題ではないかなと思ったりします。

by S.小野

2010年8月16日 (月)

残暑お見舞い申し上げます。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

夏季休暇は、みなさまはどのように過ごされましたでしょうか?

私は、海キャンプを子どもたちからリクエストされていましたので、いろいろと探していましたが、「電車とバスで行ける」としますと、案外無いものなんですね…。

これまでは、奥多摩の氷川キャンプ場、相模湖のみの石滝キャンプ場、千葉の清水公園キャンプ場、かずさキャンプ場などを利用させていただきました。

どこも「電車とバスで行ける」ところとしては、とても良かった場所でした。

(かずさは、イマイチだったかな、、、。オートキャンプメインでなんか騒がしかった。

今時のオートキャンプの方って重装備で来て、都会生活の延長で来るので、

TVやオーディオの音なんかもあって騒がしいんですよね。あれが私にはちょっと、、、。)

今年は、千葉の鵜原海水浴場前のバンガロー村というところにいってきました。

なかなか良かったですね。

海もきれいでしたし、人もそんなに混み合っていない。

周辺散策もなかなかミステリアスな場所がいっぱいあって、子どもたちもそこそこ満足してくれたようでした。

ファミリー向けにはおすすめです。(ちなみにウチは中学生2、小学生1の計5名です。)

Dscf8363_2

海水浴場はきれいな砂浜ですが、周辺は、岸壁が入り組んだリアス式海岸。その合間の入り江に小さな漁港がひっそりたたずんでいます。

そんな空間をつなぎ合わせるように、小さな洞窟のようなトンネルがあちらこちらにあります。

最初は結構怖かったのですがだんだん慣れてきました。

(閉所恐怖症の方は、慣れないかも。。。)

トンネルを抜けるとそこは…的な感じがなかなかいいですね。

Dscf8379

岬は、サスペンス劇場の種明かしシーンのような場所(笑)となっていて、

風があると結構怖いです。

Dscf8404

小さな漁港では、漁師さんたちが網の補修作業をしていました。

こんな素朴な生活が残っている地域です。

しかし、、、。周辺にはこのようなのぼりも。

Dscf8346

産廃処理場建設が動き出していて、地域の反対運動などが行われているようでした。

署名致しました。

ゴミの問題も環境問題とともに緊急課題です。

ゴミを出さない生産方法、再生産可能な資材の活用、そして人類のモラル。

建築資材がその多くを占める産廃。その処理量を減らすための方法。。。

メーカー住宅先導社会が陥落するだけでも相当量減るだろうなとか、、、

思ってしまいます。

自然をゴミで埋めてフタをするやり方以外の手法は無いものなのだろうか?

分別が難しいのであれば、小さな手で分別の労働(小さな対価でいいから)を作り出せないものなのだろうか?など、、、考えてしまいます。

夏は、終戦記念日もあり、戦後の日本の暮らしやこれからどういう暮らしを目指そうとするのか、、、などなど、考え込んでしまうことが多い時期とも言えるかもしれないです。

by S.小野

2010年8月 7日 (土)

8月は、お勉強月間です。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

暑い日が続きますね、、、。

年々、体力の衰えを感じる季節となってきました。

みなさまは、お休みのご予定などはお決まりでしょうか?

我が家は、まだなにも決まっておらず、3人の子どもたちからプレッシャーをかけられております。定番の「費用を抑えた近場で工夫」パターンも切れるカードが減ってきて…。

今、電車・バスで行ける海キャンプを調べているところです。いい情報があれば教えて下さい。(笑)

ところで、

8月は、お勉強月間ということで、私の関連している企画を紹介いたします。

まずは、こちら、

100817_2

8月17日(火)NPO設計協同フォーラム主催で、会員の仕事交流を目的とした報告学習会があります。

私は、昨年から今春にかけて、関わりました火災(隣家からの)にあってしまった、以前設計監理をしたおうちの復旧設計監理に関わったことから学んだことなどを自分なりにまとめておこうと考えています。

広く一般向けといった内容ではないかもしれませんが、ご興味がありましたらご一報くださいませ。

お盆休み明けのような日程ですので、我が事務所としましては、

この日は研修日と称して留守いたします。あしからず。。。

もう一つは、こちら、

Zenkoku2010_2

8月28日(土)29日(日)30日(月)の3日間です。

詳しくは、お手数ですが、こちらから、パンフレットをご入手くださいませ。

なかなか同一テーブルにつくことの無さそうな方々のディスカッション。

セミナー講師陣も。

今の建築、住まい、まちづくりに関する社会的課題として、

とても大切なヒントを与えてくれそうな布陣が組まれていると感じます。

一つの住まい、一人の人、一つの家族…、その暮らしの拠点をどうするか、

どのような暮らしをしたいと考えるか、住まいのプラン、家族の居場所、

建材の活用ルート、街の成り立ち、自然環境の保全、、、

それらの小さな点は、線となってすべてが関連し合っているのです。

技術者に限らず、一般の方もぜひご関心がありましたら、参加されると大変刺激になるのではないかなと思います。

なお、この週の9月3日(金)にもまた別の一般向け企画等が、横浜であります。

近くなりましたら、改めてお知らせしようと思います。

事務所は8月12日(木)から16日(月)まで夏季休暇を予定しています。

17日(火)は、上記のように研修日としておりますので、

緊急連絡は携帯電話などへいただけますと幸いです。

みなさま体調など崩さないように、適度に水分補給をし、夏を乗り切っていきましょう!

by S.小野

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »