フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 戦前の木造3階アパート | トップページ | セミナー、イベントのお知らせです。 »

2011年9月14日 (水)

増改築・リフォームで最初におこなっておきたいこと

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

というタイトルで、先日、おそれおおくも、

建築大工職人さんたちを対象にした学習の場で、

話をさせていただく機会がありました。

ちょっと前のブログ記事“リフォーム工事でまず最初に行なう事”でも書きましたが、

それらに、増築の際の対応なども加えて、約1時間ほどお話させていただきました。

人生も職人歴も大先輩にあたる方々を目の前に、緊張しました。。。(汗)

まあ、一言ことで言えば、

お住まいの状況をあらゆる手段で確認しておくことに尽きます。

築年数、増築、改修の履歴、仕様、、、

その敷地の、諸条件、用途地域等、道路付け、、、

建築確認通知、検査済証、保存図面の有無と現況との差異、、、などなど。

増築要望がある場合、準防火地域指定されている地域

(住宅地などでしたら多くはしていがされています。)でしたら、

どんなに小さな増築であっても、建築確認申請が必要になります。

その増築規模によって、既存の建物の安全性のチェックの方法が変わるのです。

以前は、増築申請をすると、既存も含めて現行法規に合わせていくことが原則

のようになっていたので、現実的に無理なことも多く、それなら申請せずにやって

しまおうというケースの方が多かったのです。

そうした事が、無許可リフォーム業者の業務を拡大させて、問題化してきたのです。

それが昨年春から、

既存不適格といわれる既存建築に対する増築の際、

緩和策が示され運用されることになりました。

こうしたことを、知らない工務店さんも多くいるということがまだあるようですね。

これからの時代、しっかりと住宅の履歴を残しておかないと、

(未申請、未登記ではいけませんよ。)

住宅そのものの価値を下落させてしまうことにもなりかねません。

申請しなくてはいけないのであれば、基本的にはそうすべきでしょう。

あまりいい加減に、金額至上主義的に“安くやりますよ”といって、

たいした調査もせずに、見積書を提示してくる業者ほど怪しいのですよ。

事前調査と詳細な計画がしっかりしていることが最も重要なことなのです。

この秋、こうした内容のセミナー依頼が10月は横浜で、11月は新宿でありますので、

案内ができたら、紹介したいと思います。

いっぱい話したいこともあります。

いっぱい学習しましょう。失敗しないためにも。

by 小野

« 戦前の木造3階アパート | トップページ | セミナー、イベントのお知らせです。 »

 設計の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦前の木造3階アパート | トップページ | セミナー、イベントのお知らせです。 »