フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月23日 (日)

車寄せのあるビル

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

立派な建築であるのに、最近まで気がつかなかった…。

写真は昨年撮ったものです。立ち入り禁止の柵が立ててあるので

01

02

もう使われていないのかもしれませんが、どうもそうでもないようです。

気がつきにくかったのも、コストコの裏手の塩浜の準工業地域なのもありますね。

最初、周囲にないボリュームでしかも立派。

病院かな?でもこんな場所に病院あったかな?

地図等で調べてみると、川崎大師平間寺の旧教学研究所という昭和47年頃築の

建築のようです。

現在の教学研究所は、別の場所(お大師様の近くに)につくられていますので、

実質的には使われてはいないということなのでしょう。

車寄せがあって、なお、塩浜という平地でありながらあえて緩やかに勾配を設けて、

内部での段差を解消し、かつ道路から、この庇(キャノピー)を見上げたときの

威厳を感じさせる見せ方というか、よく考えられているように思います。

00

正面から向かって左側はアーチのような形状で、プラン的にも角度がふれています。

ホールや会堂のような空間なのか、、、単純なモダニズム建築の窓割りに

あえて変化が(仕上げも変えてあり)つけられているようにも感じられ、

なかなかのものでしゃれています。

旧耐震の建物ということもあり、診断をかけると大変なのでしょうか、

手をかけさえすれば、まだ活用していけそうに感じます。昭和モダンですね。

まだ使われているかも、と書いたのは、ネット検索した際に出てきたのですが、

この建築、実は市の大気基準適用施設となっていて、産業廃棄物焼却炉からの

ダイオキシン等排出濃度データが公開されていました。

みると、他の工場などからの濃度よりも数値がすごく高い…。

少々気になりました。。。

考えてみると、今、ゴミ処理問題が非常にシビアになってきていて、一般でも分別が細分化していますが、事業系ごみも処理に費用がかかったりしています。

では、宗教法人さんから出るゴミ処理(夢もない話ですが)お札やだるまなど、

きっと大量にあるのでしょうけれど、どう処理されているのか、ダイオキシンなどを極力発生させない処理について、前向きに考えていただかなくてはいけないように感じました。

話が外れましたが、

03

壊してしまうのは、もったいないですね。

福祉目的などではどうかなとか。。。

建物をゴミにしない理念と、人々の想いや願いをクリーンに焼却するシステムと、

理念は一致するはず、一見ゴースト化しつつあるエリアのこれからの姿に期待したいです。

by S.小野

2011年10月20日 (木)

川崎区の洋館付き住宅

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

洋館付き住宅とは、大正から昭和初期にかけてつくられたもので、

それまでの日本家屋の玄関脇などに、応接間として洋間を設けたものをいっていますが、

明確な定義は無いようです。当時の「ハイカラ」モダンの象徴であったのかもしれません。

映画「となりのトトロ」のサツキとメイが越してきたお家などは、お父さんが書斎に使っていた洋間がまさに洋館付き住宅といえますね。

詳しくは、よこはま洋館付き住宅を考える会に紹介されています。

知人の建築士の方も関わられており、実際に移築なども行われてきています。

と、

そんなわけで、我が家周辺を見回しますと、、、

Dscf7270

高いブロック塀に隠れて見逃しそうですが、平屋の古民家の玄関脇に、

急勾配の洋瓦をのせ、台形の出窓、出窓には木製のガラリ雨戸が設置されている、

まさに洋館付き住宅があります。あります。

Dscf7510

また、こちらも見逃しそうですが、よく見ると平屋の母屋に急勾配の屋根の一間がついています。そして2棟並んで建っています。

しかし、こちらは、メンテナンスに安易な更新がともに行われており、屋根は波型鉄板で葺いてあったりと、もしかしたら借家としてつくられているのかなといった印象を受けます。

質素でありながらも、洋館部分の破風板上部に装飾がみられます。

どちらも当時の時代の最先端を感じさせるものだったのではないかと思います。

移築とまでいかなくても、街角に刻まれた文化を感じられるように、必要な修繕・メンテナンス工事をして、長くたたずんでいてほしいと願わずにはいられません。

私だったら、耐震チェックをして、基礎廻りの腐食等の改善をしたら、外回りの改修にいたっては、むしろ昭和の邸宅をより感じられるように手を入れていきないなーなどと勝手ながら妄想してしまいます。塀なども生垣に置き換えてとか。。。ステンドグラスを1箇所入れるだけでグッとモダンになるだろうなとか。。。(笑)

by S.小野

2011年10月 6日 (木)

セミナー、イベントのお知らせです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

セミナー等のお知らせです。(3つあります。)

■10月15日(土) 横浜開港記念会館(関内駅徒歩10分)

           13:30~●ジャックサポーター(開港記念館ガイド)の

                  天野禎祐(あまのていゆう)さんのお話

           14:40~●JPEA太陽光発電協会の岡林義一さんの

                 家庭での太陽光発電普及のお話

                ●木造耐震改修の事例紹介

                 ここで、お話させていただきます。

主催は、「住まいるコープ」です。(写真をクリックすると別枠で大きくなります。)

Photo

■10月22日(土) 板橋区立グリーンホール 1階ホール(東武東上線・大山駅徒歩5分)

           9:30~16:00までのイベント

           暮らしを見直そう!“長生き、省エネ、住まい展”にて、

           14:30~15:30 暮らしを見直すミニシンポジウム

                     ここでお話させていただきます。

主催は、「NPO設計協同フォーラム」です。

(フォーラムHPから詳しい案内チラシがダウンロードできます。)

※前日からプレイベントも企画しています。詳しくは案内を見ていただけますと幸いです。

私は両日ともにつめています。

■11月3日(木・祝) リクシル新宿ショールーム 水まわり館(新宿駅南口徒歩6分)

            13:30~16:00 リフォーム教習所“見積をとる、その前に知っておきたいこと”

            というテーマで、お話させていただくことになりました。

主催は、「産直の東都生協」です。(写真をクリックすると別枠で大きくなります。)

201110

今年は、3.11震災のあり、住まいの耐震性への関心が高まっています。

と同時に、トラブルも増えているようです。

よろしければ、足を運んでいただけたら幸いです。

もちろん、お近くでしたら事務所に直接お越しいただいても結構ですよ。

by 小野

          

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »