フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 茅葺きの民家がまた一つ姿を消していました。 | トップページ | 「森の思想が人類を救う」 まさに。。。 »

2012年4月23日 (月)

4月があっという間に駆け抜けていく…

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

今年は桜の開花が少し遅かったとはいえ、時間のほうはあっという間のスピード感で駆け抜けてしまっています。

今日は、建て主候補(これから設計監理のパートナーになれるかどうか)のご家族を、

かねてから、私が設計監理した住まいを見学させてほしいとのご要望が出されていましたので、3件の建て主さんからご協力いただき、見学まわりにお連れしました。

お休みのところ、快く見学にお邪魔させていただくことをご了解くださり、

かつ、私の出る幕がないくらいに、住まいづくりについてのあれこれをお話くださる様子をみていて、

改めて、仕事を通しての絆というかつながりというのは、

私にとってこれは一生の財産なんだなと感動して帰ってきました。

近況としましては、

木造耐震リフォームの現場が5月末完了予定で動いていまして足を運んでいます。

同様の耐震リフォームの設計中が1件ありますが、自治体助成金の審査に時間がかかっており、着手はもう少し先になりそう…。

それから、今日お連れした方のように、建て替えをこれから進めていけるかどうかという委託前協議中の方が2件。

あとは、耐震診断業務がこのところ数件あったり…

欠陥住宅調査業務等があったり。。。

そしてそして、なんといっても、4月から始まった専門学校での非常勤講師の授業。

これが、まだ不慣れなのもあってか、準備に意外と時間がとられたり、、、

敷居の低い建築士を目指している私にとって、

教壇というのはなんだかとっても高いところに感じられて、反省することがしばしば。

前期「住宅設計論」…もっと自分自身も頑張らねば。といったところです。

先日、NPO設計協同フォーラムの総会後の講演で芸大等で講師をされている丸谷先生の話を聞きましたが、そうか授業はこうするのか、と参考になることがありました。

やはりいろいろ見ないといけないと思った次第です。

今度の週末は金曜深夜バスにのって、宮城県へ建築関係相談会に参加する予定です。

また、6月2日(土)は専門学校の市民公開講座で、

「(仮)震災・戦後復興の視点でみる横浜の建築・まち」というテーマでお話させていただくことになりました。学会文献などを合間に読み漁って勉強中です。

本番前までに、実際の建築・まちに足を運んで感じてこようなどと思っているところです。

なんだか、ボランティア的なことばかりで、事務所は火の車ではありますが、

何やかやと慌しくかけずりまわっています。

ブログの更新もなかなかできずにいるにもかかわらず、

画面を見る頻度が最近はFacebookの方が多くなってきました。

どうしたもんだかですが、しばらくはのらりくらり発信し続けて様子をみていきたいと思います。

駆け抜けた先にある大切なものにめぐり合うために。

by S.小野

« 茅葺きの民家がまた一つ姿を消していました。 | トップページ | 「森の思想が人類を救う」 まさに。。。 »

 設計の仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 茅葺きの民家がまた一つ姿を消していました。 | トップページ | 「森の思想が人類を救う」 まさに。。。 »