フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 「森の思想が人類を救う」 まさに。。。 | トップページ | 外付けHDにトラブルが…。 »

2012年5月 4日 (金)

さりげなく イセビル

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

関内から伊勢佐木町モールへの入り口右角に、

つい通り過ぎてしまいそうですが、古い建築があります。

伊勢佐木町モールエリアでは、アントニオ・レーモンドの不二家ビル(昭和12年築)が、

メジャーですね。やはり関東大震災による復興を目指し再建したもの。

レーモンドの仕事としては、商業施設は貴重とのことで、あちらこちらで紹介されています。

ガラスブロックの外壁は、近代的でもあり、質素なグリッドは日本的な感じもします。

今日はそこではなく、入り口の建築「イセビル」です。

Dscf5810

関東大震災後、都市の不燃化・耐震化が重要とされ、耐火建築補助規則の制度を活用すべく、

東京・横浜で(大正15年)立ち上がった民間会社が、復興建築助成株式会社。

これに尽力された、佐野利器(辰野金吾の教え子)は、構造の専門家で、

東京の鉄筋コンクリート造の復興小学校などにも多く関わっていますね。

同潤会とほぼ同じ時期の動きといえると思います。

その復興建築助成会社が関わった復興建築の一つが「イセビル」です。

同社による建築で今なお現存するものとしては、「九段下ビル」が唯一ではないかと思います。

復興の特徴としては、不燃・耐火建築であることはもちろんのことですが、

もう一つ大きな特徴は、複数の建築主による「共同化」です。

複数の地権者、複数の借地人等をまとめて共同化していった手法は、

その後の区分所有法の成立にも大きな影響があったのではないかと思われます。

(今の状況は不知ですが。)

まあそんな時代背景の中、昭和3年竣工してまして、今なお現役です。

Dscf5813

Dscf5817

Dscf5818

戦前・戦後のセレブたちがビアホールを千鳥足で行き来したのでしょう。

もちろんエレベーターはありません。

Dscf5827

ルビセイではありませんよ。「イセビル」です。(笑)

縦に伸びるアーチと柱、低層部と上層部とでそのリズムを変化させています。

さりげなく、84歳現役復興建築が伊勢佐木モールの玄関口で今なお利用されている。

これが横浜の魅力でもありますね。

by S.小野

« 「森の思想が人類を救う」 まさに。。。 | トップページ | 外付けHDにトラブルが…。 »

 まちなみ採取(川崎区以外編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「森の思想が人類を救う」 まさに。。。 | トップページ | 外付けHDにトラブルが…。 »