フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 最近読んだ本の話など | トップページ | 3.11東日本大震災2周年メモリアル集会 »

2013年3月 3日 (日)

大学時代の恩師教授の退任記念講義にいってきました。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

法政大学工学部建築学科時代のゼミの先生が退任されるとのことで、

最終講義&懇親会へ出かけてきました。

お世話になった先生は、大江 新教授です。

Dscf1559

古くは大江新太郎、そして丹下健三と同期(一つ上に立原道造)の宏先生、そして新先生と、

建築家として三世代に渡っているサラブレッドのように思っていました。

ですが、

この日の講義で、都市計画の方へ進んだ経緯や、そこから建築設計、大学での教鞭へと関わっていく中での、想いなどに触れて、今まで知らなかった先生の一面を知ることができて、とっても良かったと思いました。

Dscf1578

陣内先生のモデレーターも笑いを誘って、良かったです。

当時の同期ゼミ仲間も多くは連絡先もわからなくなってしまいましたが、自分を入れて4人参加しました。

新先生のゼミとしては古株の部類に入るようで、ゼミOBもみな若い…。

なんか、学生ノリ的な感覚がよみがえってきて、

いろいろなことも良く覚えていて下さって、

もうそれだけでなんだかうれしい気分でした。

不勉強かつ生意気な若造を、静かに自主性を引き出そうとしてくださり、温厚なキャラクターは、25年前と変わらずでした。

先生本当にありがとうございました。

私たちは東小金井キャンパス育ちですが、そちらも面影が無いくらい変わってしまい、今回の講義も市ヶ谷校舎で行なわれました。

正直なところ、市ヶ谷は馴染みはあまり無いのですが、保存活動をされている宏先生の55・58年館をじっくり見学することもできて良かったです。

Dscf1557

Dscf1549

Dscf1550

「多様化」を許容していく街並み形成を考えれば、時系列的なことを考慮しても、まだまだ活用していける建築価値を見ることができました。

もっといろいろ建築に関することや学生時代に考えていたことなど書いてみようか

とも思いましたが、ブログでの長文は苦手でこのくらいが限界かな…。

追って、また書ければ…。ということで。

ワインを飲みすぎて翌日は少々きつかった…。

(新建の全国幹事会は睡魔との闘いでした。(笑))

by S.小野

« 最近読んだ本の話など | トップページ | 3.11東日本大震災2周年メモリアル集会 »

 日常の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近読んだ本の話など | トップページ | 3.11東日本大震災2周年メモリアル集会 »