フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

Facebookページを少しずつ充実させようと企て中。

これまで当事務所ホームページは、
XPにて、ワード&エクセルのweb変換でアップしていましたが、
昨今のモバイルではうまく開かなくなっていたこともありまして…これに見切りをつけ、
このブログ(モバイル版でも閲覧可)と
ビジネス版Facebookページ(一般のホームページ同様誰でも見られます)との
2本立てwebページをベースに広報していけるようにしようと企て中です。
重複することも多々あると思いますが、
頻繁に近況等をお知らせしていけるようにしていきたいと思っておりますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

2015年4月18日 (土)

2005年、建売分譲の条件付を外し、低コストを目指した住まい

子育てが始まったばかりの若い世帯の住まいです。
2005年のS邸。建売分譲宅地が整然と並ぶ中に残った敷地。
あえて条件付建売の条件を断って、住まいづくりに取り組みました。
コスト的にはその建売ビルダーがいう額に近づけるべく抑えた仕様になっています。
ガレージや階段配置、将来のスペース活用への可変性等配慮し、
室内物干し場を設けたり、と要望も詰め込まれています。
外構等一部仕上げはセルフ工事としお手伝いしました。

02
Pict0018
Pict0008syuusei
Pict0004
Pict0013
by S.Ono

2015年4月16日 (木)

2001年木造住宅の改修事例です。

これまでの仕事の続編です。
2001年改修事例です。(実は我が家です。)
築40年以上の中古を数年暮らしてから大型改修しました。
事務所スペースも備えました。(隠居・介護部屋も想定してのこと)
路地の奥に位置しています。
子どもたちの遊び場となっていた外部空間と室内空間との関係を
意識して、玄関開口部のつくりを工夫してみました。
床は、杉の足場板にプレーナーを掛けて実加工してもらい張りました。
外壁、屋根の下地にJパネル(杉の三層材)を多用しそのまま仕上げにしてあり、コストを抑えたささやかな暮らしをしております。
無垢の木の素材感を味わってしまうと、その後の仕事でも、
自然素材の仕上げ材をお勧めしたくなってしまいます。
中には少々暴れん坊の素材もおりますが、それも含めて自然素材の良さと感じていただくことが大切かなと感じています。

Ono_gaikan
03
Photo01
Ki02
Ki03
Ki01
003
Dscf3092
2f01
Fukinuke01
by S.Ono

2015年4月 9日 (木)

2002年 二世帯(三世代)I様邸

これまでの仕事紹介、続編です。
写真は、2002年二世帯(三世代)同居I様邸、鉄骨3階建てのお仕事。
4人のお子さん、共働き、親世帯という構成で、
将来を見込み、一部を賃貸できるようにしたり、ホームエレベーターを設置したりしています。
当時、複数のハウスメーカーさんから提案を受けていたものの、要望を伝えると、無理と言われ…との相談から、話し合って住まいづくりのお手伝いをしました。
しっかりとした暮らしのイメージをされていましたこともあって、コスト的にも大切にすべきことと省けるところとのメリハリの利いたお住まいといえそうです。
打ち合わせもいろいろなアイデアを出し合ってとても楽しくお手伝いが出来た経験となりました。
01
02
by S.Ono

2015年4月 5日 (日)

山梨T様邸1998年小野建築設計室最初の新築の仕事

古いHPから、本ブログ及びFacebookページに少しずつ移行していきたいという

もくろみを踏まえまして、
これまでの仕事を少しづつ紹介していきたいと思います。
写真は、1998年小野建築設計室開設後、記念すべき最初の新築のお仕事。
山梨某所にある知人の別荘です。
未開発のままの別荘地であったため、木の伐採からの計画でした。
音楽好きのご兄弟のための平屋約18坪の小さな小屋です。
資金も極力抑えるということで、木部の塗装等はセルフ対応で。
構造材及び仕上げ材の多くは地域の杉材で構成し、
内部の腰から上はペンキ塗り。
現在は、暖炉を設置したりして活用されているそうです。
おうちと同じ形の杉の郵便受けは、私が端材で作りました(笑)
小さなおうちへの魅力は、この経験がベースになっているのかもしれないと思っています。
Tani_1
Tani_2
by S.Ono

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »