フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月 6日 (火)

ご家族としっくい塗D.I.Y.仕上げサポート

市内の某所住宅ですすめています耐震改修工事も後半戦ということで、

暮れのなにかとドタバタしている季節ではありますが、
住まい手ご家族といっしょに左官しっくい塗仕上げD.I.Y.サポートをいたしました。
既存和室の壁は、ラスボードに繊維壁。
前日に周辺養生と、アクが出ないようにシーラー塗を済ませておきました。
予定は、床(無垢パイン)材にリボス・カルテッド塗を予定していましたが、工事の進捗状況から後日に見合わせる事にしまして、しっくい塗壁に集中です!
Img_7583 前日済ませたシーラーです。
Img_7590 息子さんとお父さん。
Img_7592 ご夫婦。
Img_7591
ベジタウォールという、既に練られているしっくいを塗りました。
後半、娘さんも参戦し、6畳一部屋、スタートが少し遅かったですが、
概ね1日かからないくらいで無事終了しました。
(終了後の写真を撮り忘れました…。)
最後の方は、遊び心も芽生えまして…、
Img_7597 こんなことも^^;。
これがなにかは…見た人が判断すれば良いのです。
それがアートというものです^^;。
やり始めると、小学生の息子さんが手際よくきれいにコテを扱い、
仕上げは頼む!と期待され、たくましさをみせてくれました^0^。
住まいづくりに参加する事で、住まいへの愛着にもつながるし、
ご家族の共通体験としても刻まれますね。
ただきれいなだけの仕上げじゃなく…
人の手でつくられているという箇所が増えた分だけ
空間に暖か味のようなものが感じられるような気がします。
木の住まい、自然素材といったことが流行のようにも聞こえてきますが、
人間にとっての巣づくりには、自らつくるという心持ちも併せ持っていたいなと思います。
たとえ小さな改修でも。ちょっと頑張ってみては?と、
今後もさりげなく提案していていくことになろうかと思います^^;。
(もちろんご家族の状況にもよりますけれども…。)

お疲れ様でした。
by Ono.

2016年12月 5日 (月)

設立40周年記念事業応急仮設住宅コンペティション

夏に湯河原に行ってきたという記事を上げていましたが…その続報です。

なんとか、神奈川県建築士事務所協会40周年記念でもある応急仮設住宅の提案をあげてみようと、
前回(2013)の同種コンペに取り組んだメンバーを中心に、
私がちょっとだけ非常勤に行っている専門学校の生徒さん(この指止まれでの)2名を加え、
前回同様エントリー名「ともに学ぶくらし住まいの会」で、共同作業でもって、
締切ぎりぎりで提出していました。
(相も変わらず、最後は切り張り&色鉛筆等にて手書きの加筆作業…^^;。)
後日無事、一次通過のお知らせが届き、
11/24(木)公開プレゼンテーションという場で、補足説明&質疑の時間をいただくことが出来ました。
他の一次通過の方々の案なども詳しく学ぶことができ、その場にいられたことを楽しめた感じがしていました。
また、プレゼに学生さんにも発表経験 をしてもらったことも良かったな~などと親ごころにも似た気持ちでいました^^;。
で、後日お知らせが届きました。
な、な、なんと
私たちの提案は、正直なところいたって地味…^^;。
町の現状把握、地域性、誰でもの視点(高齢、福祉系)、その後のまちづくり的視点といったあたりを、ベーシックに配置したものでした。
提案コンペというと、奇抜なアイデアや独創的なデザインといったことが評価されがちな印象を受けがちですが、決してそんなことばかりではないんだなと思いました。
なお、これからの活かし方こそ私たち自身の課題でもあるなと感じて身の引き締まる気持ちにもなります。
Scan02369
201611001
201611002
201611003
201611004
201611005
201611006
201611007
201611008
201611009
201611010
201611011
201611012
提出パネルと公開プレゼで使った資料を容量落として張り付けてみました。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »