フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 表彰式に参加してまいりました。 | トップページ | 2月25日(土)住まい関連のイベントがあります。 »

2017年2月15日 (水)

震災復興小学校をちらっと寄り道…。

中央区日本橋の外れで住宅改修工事をしているさなか…、
周辺を歩くと関東大震災の歴史や戦災の傷跡などに触れる街角に出会います。

震災復興小学校もそうしたうちの1つと言えます。
Img_6566
中央区立旧十思小学校の今の姿です。
鉄筋コンクリート造による耐火帯建築(中庭型で耐火の壁として延焼を防ぐ形)です。
円柱、縦長のアーチ窓、アプローチに張り出した庇のデザインなど、とってもモダンなつくりです。
残念ながら学校の機能から、今はデイサービス等で活用されています。
それでも歴史の生き証人として存在している姿にまちの歴史を受け継ごうとするパワーを感じます。
 
 
山谷の路上生活者支援施設のお仕事で、打ち合わせに行くときに、
ちょっと距離はあるものの、いつも鶯谷駅から、根岸、入谷、千束と25分くらい歩いています。
このあたりも、長屋住宅や看板建築等、歴史が感じられる街角に出会えるので、なかなか楽しいエリアです。
Img_0054
Img_7917
台東区立旧坂本小学校の今の姿です。
教育委員会が活用されているのか…、使われている様子でした。
こちらもとってもモダンな校舎です。
まちのシンボルとして、活用し続けていってほしいなと思います。
子どもの減少ということから生じる一つの姿なのかもしれないのですが、
一方で、未だに大規模開発で一時的に人口集中していて増築を繰り返している学校もあるようです…。
まちの歴史の中において、暮らしの更新スピードが今後見直されていくならば、
もしかしたら、学校機能として歴史ある空間で再利用する時が来ることだってありうるはず…歴史の重みを感じられるまちとしての存続が今の人たちに託されていると感じます。
耐震技術や補強方法は編み出されてきていて、ほぼ不可能ではないことはわかってきています。
東京のこれからの街並みに何を残し、まちの空気をつくりだせるか、じっくり時間をかけてほしい気がします。
川崎・横浜市などは既に、こうした復興小学校はすべて建て替わってしまい、当時の姿は残っていません…。

« 表彰式に参加してまいりました。 | トップページ | 2月25日(土)住まい関連のイベントがあります。 »

 まちなみ採取(川崎区以外編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 表彰式に参加してまいりました。 | トップページ | 2月25日(土)住まい関連のイベントがあります。 »