フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ

2018年7月

2018年7月24日 (火)

2年ぶりの中学生職業体験で来所

去年はなぜか話が来なかった…

(もしかしたら、当時の担当の先生(隣の区でしたので)に、
事務所協会や建築士会の窓口に相談したら
直近の事務所を探してくれるかもしれないですよ~、
などと勝手にアナウンスしたからかもしれませんが…)
今年連絡があった際(別の中学校でしたので)に、なにでご覧になりましたか?と尋ねましたら、
HPブログをみました。
との事でした。
案外みてくれているんだなと再認識^^;(前もそういう事だったかなと…)
もちろん受け入れを拒む理由はありません^^;
喜んでお引き受けしました。
こういうことは、仮に大忙しだったとしても^^;、ぜひお手伝いしたい!
(小さな事務所なので、MAX3名までという事で。)
そのMAX3名が昨日、今日の丸2日間来所されました。
初日前半は、
建築士という資格に関わるいろいろな関連資格の話し、
建築士の人が働いている組織のいろいろや、ウチのような個人事務所の話し、
どんな仕事をしてきたか、いくつかのお仕事を図面や模型などを見ていただきながら紹介。
それからは、以前から相変わらずの5m立法計画の実習に取り組んでいただくことに。
図の書き方、スケールの把握、コンセプトの設定、人の動きのシナリオ、、、
空気の流れ、窓の開け方、明かりの重心の話し、心地よい居場所を演出、、、
なんて感じの事を、横からチャチャを入れながら、手書き図で表現し、
翌日は、スタディー模型(縮尺1/50)へ。
最後に、模型と図面を前に、ひとりひとりにきちんと発表プレゼンテーションしてもらい、
疑問に思うところや、いいと思うところなどを出して、設計者に答えてもらったりして、
三者三様の自らの5m立法プランを深めました。
楽しんでくれていたらよいのですが…。
途中黙々と作業している姿をみている限り、いい経験にはなっているように感じました。
その後の感想が聞けるといいですね。
(そういえば、いつも終わったらそれっきりな感じなので…。)
未来の建築士になるかな~。
これからの建築士の大変な話も少ししてしまったところがちょっと心配です^^;。
Dscn4982
Dscn4981
Dscn4980
Dscn4979
(個人情報保護により、作品のみの写真としています。)
by S.Ono

2018年7月14日 (土)

人生90年時代「これからの住まい」を考えるつどい

来週末ですが、サポートしている住まい支援グループで、一般向けの企画があります。

住まいのこれからをどうしていこうか?
といった話って、
案外親しい人にも相談しにくかったり、
鼻から反対されたり、、、でも、、、
住まいをどうしていこうかと思いをはせることは、
どんな暮らしをしていきたいかのささやかな夢を語る事。
きっと選択肢はいっぱいあるはず、10人いれば10通りの生き方があるように。
気持ちが楽になるような、これからの住まいの話が話し合えたらいいなと思っています。
少人数で話したいというのが趣旨なので、実は「20名」も望んではいません(笑)。
とはいえ、まだ本当に少人数のようなので、ご興味がありましたらぜひ。
201807net
by S.Ono

2018年7月13日 (金)

2018年 藤沢市内でのリフォームです。

藤沢市内での住宅リフォームです。
旧耐震(昭和56年以前)でしたので、耐震補強(瓦屋根を軽量化し、耐力壁増やす等)を行いました。

これまで個室が並んでいた2階を開放的なリビング空間にし、1階は、様々なコレクションを飾れるようなギャラリー・サロンとして使えるような開閉による変化を持ったスペースにと、
1,2階の活用の仕方を見直しました。

屋根は、瓦をガルバリウム鋼板に軽量化して、太陽光発電パネルを載せました。
バリアフリーのこともあり、アプローチの階段を緩やかに造り替えました。
北入りの玄関ですが、増し積みされたブロックを低く抑えて、安全性を向上させるとともに、公道との閉鎖感を少し緩和させて親しみやすい外観になるようにしました。

屋根の棟瓦をとっておいて、低く抑えたブロックの笠木に活用したり、
ワインコルクをインテリアに活用したり、
デザインガラスを使った明り取りとしたり、住み手の方の好みを活かしたリフォームになっています。
仮住まいに越していただいての工事となりました。
(2018.03竣工)
Dscn1893 解体時
Img_0015 着手前
Dscn4441 着手後
Dscn4001
濡れずに玄関までいけるように庇を設けました。
Dscn3972
Dscn3934Dscn3935
Dscn3935_2
Dscn3937
Dscn3944
Dscn3948
Dscn3946
Dscn3947
Dscn3945
ワインコルクを活用してみました。

by S.Ono

« 2018年5月 | トップページ