フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2024年1月 | トップページ

2024年4月

2024年4月 7日 (日)

久しぶりに近況をつづってみます

2024年、コロナ騒ぎも落ち着いて、花粉が気になるものの
だいぶノーマスクで外出されている人も増えた桜の季節ですね。

久しぶりに近況をつづってみようと思います。

今年に入ってから計画してきた杉並区での住宅の建替えが、現在見積もり中。

建坪≒7坪の2階建てという狭小で、不燃化対象地域にて準耐火構造で計画しています。
規模が小さいため長期優良やフラットなどが活用できないこともあり、
住宅性能評価審査申請で耐震等級3等の認定を取得しようと動いています。
東京ゼロエミという補助申請も予定しているところです。
工事金額が心配なところですね…。

 

ご近所での水まわりリフォームが5月の連休明けに着手予定でサポートしています。
旧耐震の住宅で、タイル張りの浴室をユニットバスに更新、
脱衣・洗濯・トイレを1ユニット化し使いやすく、かつ暖かくしようという内容です。
耐震精密診断で全体を確認の上、水まわり周辺の壁補強の根拠を持ち、
小さな工事ですが対処しています。

 

かれこれ20年ほど、事あるごとにアドバイザーのようにサポートしている
某住宅メーカーで建てたオーナー宅を含む共同住宅。
昨年から維持管理改修を予定され、たびたびオーナー側の専門家として継続支援をしています。

 

また、やはり某住宅メーカー建築の木造住宅の基礎が爆裂し鉄筋が露出してしまったという相談を受け、
済み手側の専門家として、調査改修方法等についてサポートをしています。
築10年越えで、当初は自費改修もやむを得ないと思われていたようでしたが交渉の末、
明らかに鉄筋のかぶり厚さの不足が原因であることもあり、
メーカー側での改修提案が出てくるところまで来たところです。

 

15年前に、よりまし耐震改修リフォームをしたお家の、リフォーム相談を受けています。
昭和20年代に秋田から移築した古民家に昭和54年に平屋増築された住宅。
外回りの点検と合わせて、浴室のユニットバス化や平屋部分の小屋裏の活用等を検討中。
15年前の施工者さんと久しぶりの再会で進み始めました。

 

2024年は元旦に能登半島地震があったこともあり、耐震改修に関する相談を複数頂いています。
いずれも、費用的には相当押さえなければならない、高齢世帯なこともあり、
どこまでの事が出来るか、悩ましい検討になりますね…。

 

他には、弁護士さんより、紛争事案の調査や意見書の依頼等が複数あり、
適宜対処しているところでもあります。

なお、6月いっぱいまでは、職業訓練校が行っている、2級建築士受験講座の法規の講師業があります。
来年の法令集は改正内容がかなり含まれるので、今年受験予定の方は今年頑張ってほしいものです。

 

概ねこんな2024年の春を迎えております。
小さなリフォーム等でも、ぜひ建築士にご相談いただき、
耐震性を含め、根拠を持った計画ですすめられることをお勧めします。

硬めな文章…失礼いたしました^^;
by S.Ono

« 2024年1月 | トップページ