フォト
2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

中学生の職業体験受入れ

2023年7月21日 (金)

2023夏 中学生職業体験

今年も、2日間の中学生の職業体験をお受けしました。

コロナ養生はまだ…マスク着用にて。

毎年やっていると、今度は違う事してもらおうかな~とか、

勝手に求めるハードルをあげたくなってしまうのですが^^;

来られるのは、みな初めての生徒さん。

これまで同様の流れで行いました^^;

 

初日午前中は、

建築士の役割や仕事について、設計・工事監理について…

建築設計事務所のいろいろ、ウチの仕事の紹介など…

模型や実施図面などを見せながらレクチャー。

その後、

5m立法(概ね)計画を、
ロケーション設定から
自由に想定主旨を考えてもらい、
作図&模型作成、撮影、プレゼまでをサポート…
設計体験をしてもらいます^^;
Microsoft-word-202301

今期は女子2名、
黙々と作業してました^^;

Microsoft-word-202303

Microsoft-word-202302




楽しんでいただければなによりです。

S.Ono

2022年7月24日 (日)

久しぶりの中学生の職業体験受入れ

コロナの影響から昨年、一昨年は中止となっていました、
中学生の職業体験を今年は実施されるという事でお受けしました。

とはいえ、

コロナ第7波とやらで、急激に感染者数が更新されるという
ニュースが入ってくるさなか(少し悩みましたが)の2日間実施となりました。

今回は、密を避けるため、最大2名までと要望しました。

初日、実は一人の子が途中体調を崩されてしまい、学校とも連絡を取り合い、
残念ですが、2日目を欠席されました。

そうしたこともあり、予定時間を少し短縮し実施しました。


体験の成果はこんな感じ…

Microsoft-word-p101

Microsoft-word-p102

Microsoft-word-p103

初日の午前は、建築士や設計事務所の仕事について等の座学。
午後から、タイニーハウスを計画していただき
(設計主旨、ロケーション設定等を自ら考えてもらい)
翌日、模型製作、写真撮影、プレぜシートにまとめるといった内容です。

自然の中で、
どこに座ってリラックスするか、
気持ちよくお風呂に入りたい…等
方角や窓、その外とのつながりを考えて…
取り組んでいただけたかなぁ。
楽しそうに集中して作業されていることがなによりですね。

コロナ…まだ心配ですね。
いつまでマスク生活が続くことやら…。
by S.Ono

2019年12月13日 (金)

楽しみな日です・2019年度2度目の中学生の職業体験

本日、今年2度目の中学生職業体験がありました。
3名の男子生徒による1日体験です。

事前にこんなことをやるよというガイダンスを
(先生を通しては聞いていたそうですが)
やはり直接伝えられると、イメージもしやすいし、
取り掛かりが早いのかな~とは感じますね…。
設定自由による5m立法。
一日コースとしては、時間的にややタイトなところがありますね…。
(私が求めすぎてしまうのかもしれませんが…^^;。)
でも、生徒さんたちが、とにかく楽しんで創作に熱中してくれていることが、何よりうれしいことでもあります。


最後にプレゼンテーション。

コンセプトなどを発表してもらい、質問タイムでつつき合います^^;

Dscn6903

Dscn6900

お仕事の話を、いくつかの模型などを引っ張り出して説明している時の、
興味津々で「お~っ」とか言っている反応を見るのも楽しいし、なんだか少しうれしい気持ちにもなります。

地域の中で、建築士・設計の事を伝えられる貴重な時間。
大切にしたいと思っています。


元気を頂いているのは私の方なのかもしれないのですけれど…。

S.Ono

2019年7月23日 (火)

2019夏 今年も中学生に職業体験を楽しんでもらいました。

夏休みっぽくない日が続いていますが、
昨年度に引き続き、昨日今日の二日間、
3名の区内中学生が職業体験に来所しました。
例年同様…5m立法の設計・プレゼンテーションに挑戦していただきました。

毎年思う事ですが、
模型作りにエンジンがかかってくると楽しくなってきて、ノリが良くなる^^;
特に外部空間・添景をつくるときになって気づきが多い。
(外部空間・周辺環境との関係性がいかに大事なことかに。(生徒さんもそう言葉にしてくれた!))
初日に描いた平面・断面図から、あれこれとアイデアが湧いてくる。(良く変わっていく)。

創造するって楽しい!

と気づかせていただいている感じで、
こちらも楽しい気持ちに(いろいろ口出ししてしまいがちに)なります。

建築士について、設計事務所のいろいろについて、
大変なことは?どんな人が向いてる?等々…^^;

普通に飲み仲間に話すように、語りました^^;。

負けじとこちらからも、
家でテレビを見る事ってあるの?
あまり見ないのに、なんでまずテレビとソファーなの?
なんていろいろ聞きだしながら…、怪我無く無事完成。
(カッター使うので少し心配なんです。)
で、
こちらが三者三様の5m立法・小屋の模型たちです。
Dscn6092
Dscn6094
Dscn6103

最後に、「ちいさな設計者さんから」提案を説明してもらい、
みんなから質問(これはなんでそうなっているの?など)を出して、それに答えてもらったりして…、
プレゼンテーションを行いました。
学校の先生にも今の説明ぜひしてみて!
おーっと言わせようと、送り出しました^^;。

依頼や要望がある限り、
対応したい地域貢献の一つだと感じています。

by S.Ono

2018年12月16日 (日)

今年2度目の中学生職業体験がありました。

先日、地元学区の中学生が職業体験に1日訪れました。
12月中旬というこの時期の受け入れは初めてです。

 

師走のこの時期は、正直なところちょっとドタバタ気味でしたが…、
小さな設計事務所の仕事を知ってもらえる機会でもあるので、大事にしたいと考えています。

 

 

今回は、体育会系男子一人。

 

これまで及びこの夏と同様に、

 

「建築士」、「設計事務所」のいろいろ…、関わってきた仕事のいろいろ紹介など、

 

お話したあとに、「5m立法」課題に取り組んでもらいました。

 

 

この「5m立法」。

 

先日仕事関係の人と話していたら、

 

学生時代の課題で経験している人が多かった様子でした^^;。

 

 

事前に、こんなことやるからね!と、

 

投げかけてあるのとないのとで、やはりスタートがやや出遅れてしまいますね。

 

学校の対応もあるのでこちらからはリクエストしにくいですが…。

 

なんせ今回は一人なので…、

 

それと、ちょうど仕事上でも模型作りをしていたタイミングでもあったので、

 

時間終盤の模型作りは、ちょっとだけお手伝いしました。

 

 

完成品はこちら、

 

Img_1251

 

 

 

Img_1250

 

 

 

3つの高さの異なるフロアーで、気持ちの切り替わる居場所の演出をして、

 

自然の中でゆったりと過ごすイメージといった主旨でまとめられました。

 

 

独りで希望されてこられているだけあってか、とてもまじめに取り組まれていました。

 

 

今年夏の時は2日間でしたので、それからすると、
一日で詰め込むのはやや時間足らずな感じも…。

 

職業選択の時に、何らかの記憶に残っていてくれたら本望です。

 

 

さあ歳の暮れ、いろいろと頑張っておかなくては…^^;

 

by S.Ono

2018年7月24日 (火)

2年ぶりの中学生職業体験で来所

去年はなぜか話が来なかった…

 

(もしかしたら、当時の担当の先生(隣の区でしたので)に、

 

事務所協会や建築士会の窓口に相談したら

 

直近の事務所を探してくれるかもしれないですよ~、

 

などと勝手にアナウンスしたからかもしれませんが…)

 

 

今年連絡があった際(別の中学校でしたので)に、なにでご覧になりましたか?と尋ねましたら、

 

HPブログをみました。

 

との事でした。

 

案外みてくれているんだなと再認識^^;(前もそういう事だったかなと…)

 

 

もちろん受け入れを拒む理由はありません^^;

 

喜んでお引き受けしました。

 

こういうことは、仮に大忙しだったとしても^^;、ぜひお手伝いしたい!

 

(小さな事務所なので、MAX3名までという事で。)

 

 

そのMAX3名が昨日、今日の丸2日間来所されました。

 

 

初日前半は、

 

建築士という資格に関わるいろいろな関連資格の話し、

 

建築士の人が働いている組織のいろいろや、ウチのような個人事務所の話し、

 

どんな仕事をしてきたか、いくつかのお仕事を図面や模型などを見ていただきながら紹介。

 

それからは、以前から相変わらずの5m立法計画の実習に取り組んでいただくことに。

 

 

図の書き方、スケールの把握、コンセプトの設定、人の動きのシナリオ、、、

 

空気の流れ、窓の開け方、明かりの重心の話し、心地よい居場所を演出、、、

 

なんて感じの事を、横からチャチャを入れながら、手書き図で表現し、

 

翌日は、スタディー模型(縮尺1/50)へ。

 

最後に、模型と図面を前に、ひとりひとりにきちんと発表プレゼンテーションしてもらい、

 

疑問に思うところや、いいと思うところなどを出して、設計者に答えてもらったりして、

 

三者三様の自らの5m立法プランを深めました。

 

 

楽しんでくれていたらよいのですが…。

 

途中黙々と作業している姿をみている限り、いい経験にはなっているように感じました。

 

その後の感想が聞けるといいですね。

 

(そういえば、いつも終わったらそれっきりな感じなので…。)

 

 

未来の建築士になるかな~。

 

これからの建築士の大変な話も少ししてしまったところがちょっと心配です^^;。

 

Dscn4982

 

 

 

Dscn4981

 

Dscn4980

 

 

 

Dscn4979

 

 

 

(個人情報保護により、作品のみの写真としています。)

 

 

by S.Ono

 

 

2016年9月 2日 (金)

久しぶりの中学生の職業体験

3年ぶり?かな…今回で4度目になろうかと思います。
中学生の職業体験ということで、3名の中学生が2日間に渡り事務所にやってきました。

 

今までは1日でしたが、今回は初のなんと2日間(9時~15時)。

 

どうしようか悩みましたが、

 

こんな感じでやってみました。

 

 

 

初日まず最初に、

 

いろいろな設計事務所があるっていう話。

 

次に、

 

~小さな住宅の魅力をP.Pで紹介

 

コルビジェのカップマルタン~立原道造のヒヤシンスハウス…etc。

 

風の通り、陽の取り入れ、周辺環境との関係…etc。

 

住宅設計は建築設計の基本といったような理屈っぽい話…(笑)

 

で、

 

例によりまして、5m立法の計画へ。

 

平面図と断面図を1/50でスケッチ。

 

と言いましても…

 

三角スケールの使い方、モノの大きさの把握…など説明しながら。。。

 

どんな小屋にするかの「コンセプト」が大切としながら、いろいろ雑談情報提供をしてみる…。

 

何をする場所か、ロケーションはどんな場所か…、

 

どんな格好でくつろぐか…、

 

座った時、何が見えるか…、

 

う~ん、じゃあ趣味は?…、

 

自由に!というと、逆に案外困ってしまっている模様。。。(想定内^^;)

 

まあ今回は2日あるので、初日は悩め!っていう感じで、、、

 

それでも、なんとかギリ、
平面図に想いを描きつつある(イメージを理解できつつある)ところで初日終了。
その後、いろいろな質問をされ、まじめに長々と答えました(笑)。


2日目は、模型による立体表現です。
(なんと予定時間より約30分早く来ました。やる気を感じました(汗)。

 

 

スチレンボードの出隅コーナーをきれいに納める作り方等、

 

子技も手ほどきしながらすすめました。

 

できるだけ、生徒さんたちの考えを引出し、

 

あまりこちらからアレコレと口を挟まないように心掛けたつもりですが、

 

どうしても、ちょこっとこうした方が良いんじゃないかな…などと、

 

手を出してしまったところも少しありました。
2日間の設計体験なので、今までよりは少しクオリティを上げた要求をしました。

 

 

で。

 

で。

 

完成模型がこちら。

 

Img_6863

 

 

 

 

Img_6866

 

 

 

Img_6870

 

 

 

 

Img_6878

 

 

 

随所に、設計事務所の実務の話をしたり、実施図面を見てもらったりして、

 

小さなまちの設計事務所がどんなことしているかの一端を知っていただくことができたら、私たちとしても幸いに思います。

 

 

まじめに取り組んでいてとても好感が持てましたし、

 

楽しそうに取り組んでいたことが何よりだなと思いました。

 

将来はいかに?^^;。
お疲れ様でした。
(個人情報保護により作品のみの写真としています。)

by S.Ono

2011年9月 2日 (金)

中学生の職業体験

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 

この夏休み中に、近所の中学校の職業体験授業の場所ととしてエントリーをしました。

 

建築設計事務所の仕事ってどんななのかを知ってもらう機会として、

 

とても良いことではないかと思った次第です。

 

朝から夕方までの1日。3名の男子が来ました。

 

職業体験といっても、なにをしようか結構悩みました。

 

そもそもどれほど関心を持って来てくれるかも分からない…。

 

どっか選ばなきゃいけないから、くらいな感じだったり、やんちゃな感じだと、

 

まじめにやりすぎてもダメだろうし、、、。

 

現場へ連れ出そうかなど、、、迷ったのですが、結局。。。

 

 

 

最初の約40分くらいは、設計事務所の仕事について少し話し、

 

図面や模型などを見てもらいながら、その役割について話しました。

 

退屈そうにしていたので、そこからは、課題に取り組んでもらいました。

 

学生の時の最初の演習課題でもあった、「5m立法」です。

 

5m立法(向きなど自由)という大きさに、建築空間を作るというもの。

 

・街中でも、山でも海でも傾斜地でも、ロケーションは自由。

 

・自分の隠れ家、趣味を楽しめる居場所を考えよう。

 

まずは、スケールの扱い方などを伝えて、

 

趣味は?どんなことしてるときが落ち着く?

 

などと聞きながら、何を大事にした場所をつくれるか、平面図を描いてもらうことに。

 

1階でも2階でも、屋根があろうが無かろうが自由に考えて!と。

 

後半は、それをスチレンボードで模型として表現してもらうことに。

 

ということをしてみました。

 

最初にみんなが当たった壁は、

 

便所ってどんな大きさ?お風呂ってどんな大きさ?など。

 

つまり、暮らしのモジュール、スケール感覚が分からないってところ。

 

平面図をスケッチするにも、それらの大きさがイメージできていないと、

 

描くことも難しいってことですね。

 

 

 

中にはちょっとやんちゃな子もいたようですが、

 

ここでは、みな子ども工作教室みたいに楽しく集中して(昼食もとらずに)取り組んでいました。

 

そして、やっぱり3者3様…。

 

Dscf3409

 

やりながら、場当たり的に変わっていってしまったり、する子もあれば、

 

ここではこうする、だからこうなっていると、しっかり想いを形に出来ている作品もありました。

 

(例えば、真ん中の作品では、すのこのようなものがありますが、そこに座って釣りをする。つまり海に向かって開いたロケーションをイメージしています。)

 

私も一緒に作業をして模型までその場で作りました。

 

(未公開としておきます。公開希望があればメールください。

 

記事にしようか検討します。(笑))

 

 

 

はてさて、こうした体験を通して、中学生の関心に触れることが出来たかどうか、、、。

 

楽しんでくれていたことは何より良かったと感じました。

 

by 小野